映画『シン・シティ 復讐の女神』★モノクロの中に光る“生きザマ”たち

T0013830q.jpg

作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/146255/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

前作は、そのドギツサと気色悪さで、引き気味でありました…

けれど、歳月は、私を変えるもので
予告編で、ナンシーことジェシカ・アルバが
風に煽られながら、しなやかな肢体を、くねらせてるのを見て
そそられつつ、思い出しました。

あのナンシーを、変態キイロ男から救った警官ハーディガンは、
ブルース・ウィリス。
彼は、変態キイロ男の父ロアークが、報復するのを回避するため、
自殺して終わりました。
男の美学かもしれないけれど、切なすぎて、納得できないでしょ?

今回の邦題―復讐の女神―が、ナンシーのことなら、その先が見たい!
と思って鑑賞しました。

前作も、3つのエピソードがからんでいましたが
今回も、いくつかほかのエピソードも
えげつなく、モノクロ映像を、ショッキングに彩りました。
(目はえぐるし、生首ころがるし……(ー_ー)!!))


私が、改めて、魅力に感じるのは
女を愛し、正義を尽くし、自分の生き方にひるまない男たちがいること――
彼らについて、話したくなるのです。


・ナンシー    ジェシカ・アルバ
・マーヴ      ミッキー・ローク
・ハーティガン  ブルース・ウィリス
・ドワイト     ジョシュ・ブローリン  (前作は クライヴ・オーウェン)
・エヴァ      エヴァ・グリーン
・ジョニー     ジョセフ・ゴードン=レヴィット
・ロアーク上院議員           ←どーしよーもない極悪


▼~▼ 内容にふれて雑感です。


▼▼▼

1.マーヴ

冒頭は、マーヴの男っぷりから。
自分を、持て余すように、退廃にくすんでいるようですが
良心と正義は、みなぎり
悪い坊ちゃんを、成敗!(>_<)
(現代劇だとやり過ぎなんでしょうが、時代劇なら勧善懲悪か……(>_<))
ハーディガン亡き後、ナンシーを見守ってくれるのが、嬉しい。


2.ドワイト


前作から配役交代し、ジョシュ・ブローリン。
今回、ドワイトは、かつての恋人エヴァに、手玉にとられるのですが
ジョシュの、人の良さそうな感じに、ピッタリ☆
(原題は、このエヴァのことかも)

エヴァは、男を騙して利用して生きている、シンな女。(←シン・シティにピッタリ☆)
エヴァは、別れたのに、ドワイトを利用する。
ドワイトとて、未練たらたらだったわけではありませんが
心のどこかに、想いは残っていたらしい……ましてや
かつての恋人に、“助け”を求められたら、転びますよ……

逆に、“助け”を求めている女を、
足蹴にする男は、どうなんだ?…ということもあり。
エヴァは、ドワイトの優しさを知っているから、利用したのでしょうね……

エヴァにとって、ドワイトは、使い捨てでしかなかったようですが(怒!)
ドワイトは、殺されかけても、特別な“想い”があったように思えます。
それが、憎しみであっても、愛の裏返しのほう……のような。

だから、エヴァを殺したとき、報復の気持ちはもちろんですが
この女を、自分自身が手にかけることで、エヴァとの“関係“を
本当に、終わりにできたと思う……
でないと、優しいドワイトは、何かしらの後悔を、感じながら
エヴァと言う女を、引きずりそうだから……….


3.ジョニー


ジョセフ・ゴードン=レヴィットが出るのも、楽しみの1つでした!

ギャンブラー(ポーカー)のジョニーは、始めは
街を牛耳るロアークに挑戦しにきた、“道場破り“?かと思いました。
強いジョニーは、ロアークに勝ち過ぎたので
たまたま一緒にいた女を殺され、自分も、痛めつけられてしまいます(>_<)
なのに、再び、ロアークに挑み、勝ってしまうジョニー。
その目には、涙が……

実は、ジョニーは、ロアークが娼婦に産ませた子供らしい。
ジョニーはジョニーなりに、自分を、息子と見てほしかったのかも…
ポーカーが強い自分を、一目置いてくれるだけで良かった……?
けれど
ロアークは、自分のカネを奪う輩としてしか、みていなかった。

ジョニーが、再び、勝負に勝ってしまうのは
父を負かしたい、というより
父に認めてもらいたかった気持ちが強かったから……?
なのに、ロアーク、あんたという奴は……(―_―)!!

ジョニーが浮かべる涙が、好き。私は、受け止めたよ……


4.ハーティガン


前作で亡くなったハーティガンは
ナンシーを見守る存在となりますが
ナンシーには、見えません。

ナンシーは、ハーティガンの仇として
ロアークの命を狙っていますが
殺人には、やはり、覚悟がいる。(マトモなら簡単にはできないよ)
ためらっては、自己嫌悪にもなる……

そうこうして、マーヴとともに、ロアークに挑むナンシーだが
ピンチに!返り討ちにあいそう!(>_<)
しぶとい奴!ロアークめ!

……ここで、守り神ハーティガンが、スピリチュアルに登場!
彼がロアークを?いやいや、彼は“ナンシーの守り神“なんですよ。
いいシーンだったと思います。


▼▼▼


哀しみは、無くならないけれど
哀しみに、押しつぶされてもいられない
甘えては、生きていけない――

危険がピリピリして、緊張感が走る!

気色のワルさは、ナンですが^^;
人物たちの、人間臭い魅力の“あぶり出し”には
熱狂するのも、わからなくない……

モノクロの中に、ニブく光るものがあります。







にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア