映画『映画ST赤と白の捜査ファイル』★これで終わってしまうのかぁ~(>_<)

T0019421q.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166061/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


テレビのサイト→コチラ


2時間特番でも良かったのですが
映画になるというなら、見たくて見たくてたまりませんでした!
(以下、雑感です↓)

赤と白は
百合根警部(白ユリ?)と赤城左門。

STは、特殊能力を持った者たちの集まり。

赤城左門 以下

・青山さん
・翠(みどり)さん
・黒崎さん
・山吹さん
(懐かしいところで、五色のゴレンジャーのよう^^;)


それぞれ、特殊能力はあるも、
個性が強くて、型にはまった社会生活を送りがたい皆様――ということで
百合根は、彼らが能力を生かして社会に貢献できる場所(=彼らの居場所)を
作ることを信条としていました。


赤と白の――と言っていますが 、「相棒」ともちょっと違って
白=百合根警部は、彼らの“保護者”であり、目付役です。


プライド高く、超マイペースの赤城は 扱いが難しい…^^;
御しがたく、すぐどこかに行ってしまう。
「赤城さん、僕は、あなたの上司です。
どこにいるんですか?勝手な行動は困るんです!」
と、上司風を吹かせても
弁の立つ赤城の反論の風圧に、飛ばされてた百合根……(汗)
上司というのも、大変だ……(―_―)!!
(↑そのやりとりは、見ていて面白い☆)


赤城は、事件の謎を
アグレッシブに解いていきますが、
それ以上に熱くなるのが、解けてしまったとき。
「んん~なんだぁ、謎が解けてしまったじゃないかぁ、つまらんんん……」
その悔しがりようといったら……(>_<)

ともあれ、何かと事件解決で、お役立ちなSTの面々☆


赤城は、元は、医師だったらしいですが、
ワケありで、ひきこもってしまった過去がありました。
百合根が、“篭城”から引きずりだしてくれたから
自分を生かす場所を見つけた赤城、そして、他のカラフルな仲間たち。
(↑それは、とても大事なコトだと思います)


さて、今回は、犯人はユースケ・サンタマリアとわかっていて
事件のトリックや動機に迫ります。


実は、百合根警部には、異動命令が出ていて
この事件の三日後には、STを去ることになっています。
百合根にとって、ST最後の事件。
そんななかで、赤城が、赤城なりに、
捜査上、百合根に、”はなむけ”をするのが、落としドコロかな。



赤城風に言えば、コレで
「んん~、『ST』が終わってしまったじゃないかぁ!つまらん!」(>_<)

STリターンズ、とか I’ll be backとか言って
百合根警部が戻ってきて、また、続いてほしいナ……






にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア