映画『天才スピヴェット』★ボクの一人旅~愛とユーモアと松と~


T0019378q.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/164837/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

アメリカ・西部(モンタナ)の田舎に住む、とある家族。


・父:カウボーイ
・母:昆虫学者
・姉:アイドル志望
・ボク(T.S.):すごい発明で受賞☆
・ボクと双子の弟:父のお気に入り



すごい発明をした10歳のボク(T.S.)が、表彰&スピーチのため
家族に内緒で、ひとりで、東部のワシントンD.C.へ旅します――


T.S.くんが、愛らしくてカワイイので、鑑賞しました☆


T.S.くんの、スリルと冒険の旅には、
ガンバレェーッ!と応援する楽しさがあります。
が、T.Sの心の中には、“哀しいコト“がありまして……
ひとり旅の果てに、T.Sがたどりつく“心の旅“の行く先も、みどころです。


▼~▼ 内容にふれて雑感です。


▼▼▼

1.子供はみんな天才!


――などと言いますが、T.Sも弟も、楽しみながら、
それぞれが興味を持ったものに、のめりこめるんですね。
あたかも、スポンジに水がしみ込むように、グングン、好きなことが
身についていく!


鉄は熱いうちに打て!と言いますが
大人が、下手な指導をして、子供の才能の芽を摘んではいけませんね(>_<)
(↑コレ、相当あると思う……汗)


好きなこと、得意なことを伸ばしてあげるのが、教育者ですよ、センセイ……^^;



2.一人旅~トランスアメリカ(西→東)

ワケあって、T.Sは、表彰式に一人で行こうとしますが
その旅が、超ワイルド!
列車に乗る――と言っても、タダで、貨物に忍び込む…(―_―)!!
(→『北国の帝王』か^^;)
http://cinema.pia.co.jp/title/806257/

見つからないように隠れ、見つかったら逃げる!(>_<)
(↑ハラハラドキドキ、ガンバレ!)

親切なお爺さんが、なぜ松の木は常緑樹なのかの
心温まる“おとぎ話”を、してくれましたが
賢いT.Sは、理論的にあっさり否定……←そういうところは、正直な子供^^;

ママから禁止されていた、屋台のホットドッグを買えたのも
嬉しそう。

しかし、不審に思った警官に追われ、T.Sは命がけのスタントを!(>_<)
(……で、肋骨を折ったらしい……)

そんなこんなで、ワシントンD.C.に着き、スピーチすることに……


3.T.Sの胸の内

T.Sは、旅に出るとき持ち出した母の日記を、道中、読みました。

なぜ結婚したのかわからないくらいに、水と油のような父と母。
母は、父から愛されていない不安を、綴っていました。

T.Sも、父は弟だけがお気に入りと、さみしく感じつつも
子供は、両親の愛の賜物で、
家族は、愛に包まれているもの――
と、確かめたい気持ちだったのかなと思われるのが
T.Sが、電話ボックスを見つめるシーン。

電話の先には、一人旅(家出?)した自分を、
心配している親たちがいるのかな……
と、T.Sが想像するシーンは、胸にキュンと来る……

そして↓(ネタバレ要反転))


一緒に遊んでいた弟が、銃の暴発で急死してしまった衝撃と哀しみを
スピーチで語り始めたT.S。
哀しいことは、無かったかのように、家の中では触れてはいけないことのようでしたが
言葉に出して、吐き出さずにはいられないこともありますよね………………..



大人顔負けの天才でも、T.Sは子供。
哀しみは、ムリに、心に押し込んでみても、消えて無くなりはしない。
吐き出して、それを、しっかり受け止めてくれるほうが
心が軽くなりそうです。


↑お爺さんが話してくれた、松の木が包容する温かさと重なります。


4.T.SのS=Sparrow  スズメ


T.SのSは、T.Sが生まれたときに、台所の窓に、
スズメがぶつかったからとかナントカで、付けたらしい……^^;
ユーモアがあるというか、ナンというか……

父と母は、ケンカ状態が続いている部分もアリですが
ママは、オメデタです(*^_^*)

この家族は、これはこれで、幸せに暮らしていけそう……
と思えるのが、嬉しい☆


▼▼▼

T.Sが、発明し表彰されたものは、“永久に動く“というたぐいのもの。
けれど、天才であるT.Sには、それも、“永久“ではないことを知っています。
(評価した人は、そこまでわかってない?^^;)

何でも、“永久”というものは無いのかもしれません。
人生も幸せも、ひとときのことかも……orz

けれど、そんな”ひととき”に
夢中になって、楽しんで打ち込めるものがあれば楽しい☆√∑∫∞ 


誤解や疎外、孤独感があったとしても(人間だもの……)
根底には、少しでも、愛ってあるんだ…って思えたなら嬉しい☆

T.Sくんも、若くして人生いろいろ、文字通り、骨も折れますが(>_<)
悪いコトがあっても、なんだか、乗り切れそうな勇気を感じるのは
ユーモアが、散りばめられてるからかな…….


……私も、ユーモアでいきたいです、なるべく……(^_-)-☆





にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア