映画『くちびるに歌を』★名曲に乗せて歌も笑顔も広がっていく♪

T0019346q.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/165741/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


アンジェラ・アキさんの歌『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』を
モチーフにしたそうです。
http://j-lyric.net/artist/a04c419/l00ea7d.html
劇中、この歌を聴いているだけでも、胸が熱くなってしまいます。


産休になる音楽の代用教員として、
故郷の中学校に戻ってきた、ピアニストのユリ。
ワケありで、ピアノが弾けないばかりか、なんかヤな感じで登場……(>_<)

そんなユリが、合唱部の顧問になり、生徒とふれあううちに
笑顔でピアノが弾けるようになったよ……というだけでも、イイ話ですが
それだけでなく
ほかの人も“笑顔”になるのが、良かったです。

物語は、独唱でなく、合唱ですもんね♪


▼~▼ 内容にふれて雑感です。


▼▼▼


1.15才の君とボク~ナズナとサトル~

(15才でなくても)すごくしんどいとき思うのは
早く、こんな状態から抜け出したい!(>_<)ということと
何年かして、順調に生きている自分を想像してみること。

歌詞の意図をくむため、
15年後の自分に宛てた手紙を書く合唱部員。


まず、サトル。
兄をめぐる事情は、あらかじめわかりますが、
手紙に綴られる、サトルの本心には、目を開かされる思いがします……
そういう気持ちで、毎日、生きてきたのかぁ……と。
それは、両親にも、わかっていないことかも……
(兄のことは、あとで効いてくるも、イイ♪)


そして、部長のナズナ。
ナズナの両親のエピソードが、残酷であり、温かくもあり
その深い感情体験は、15年分以上かもしれないな……と思う……


はた目にはわからなくても“重荷“を背負っていた、15歳の彼ら。
ユリは、感じたと思う。
自分だけが悲劇の中にいるのではないと。
(自分が涙にくれているときは、他人の涙は見えないんですよね……)
そして、そんな彼らは、「テキトーによろしく」な気持ちで、
合唱に参加しているわけではないと。
合唱コンクールに向けて、ユリの態度も変わっていきます。


2.♪ド~ド~(汽笛)=前進

ユリは、ナズナの母の想い出話から
♪ド~をきっかけに、ピアノに戻れるようになりました。

ピアノが弾けなくなった理由→要反転 


婚約者が、コンサートの当日、交通事故死したため。


ユリがピアノに戻って終わり――ではなく
歌や音楽は、もっと、広がっていきます。

合唱コンクールの歌は、産休の先生の耳にも届き
コンクール会場に入れなかった、サトルの兄のために
部員が、歌ってあげました。
(そこは、歌が広がっていくだけで、いいムードです♪)

そして、ナズナの♪ド~。
ここは、サトルの兄のエピソードが、“回収“していきます。
前進を告げる♪ド~ド~が、人と人をつないでいく――
(先が読めますが、読めてもいいじゃいないかと^^;)


3.歌詞より

何年かして、今、辛いと思うところから抜け出せて
幸せだったらいいな……とは、よく思うことだと思います。

けれど、何年かして、ソコから抜け出せても
また、別の困難が来てしまうのも、現実ですよね……orz
『手紙』の歌詞でも、
♪哀しみは避けては通れない(引用)と言っています。

苦しいところを抜け出して、“幸せ”になるには
抜け出せる強さが、自分にないと、多分ダメ。
誰かに、引っ張ってもらっても、幸せを実感できない、多分……

辛い時は、辛いかもしれないけれど
♪負けないで!(引用だけでなく)
笑顔を見せられる強さが欲しい……
そうすれば、笑顔が笑顔を呼んで、いい風が吹いてきそうです。


▼▼▼


例えば、15年後のサトル君は、それなりに
苦労は、あるかもしれないと思います……

けれど、幸せに思えるかどうかは、心の持ち方次第?という面もありそうです。

そんな心の、イイ方向への“前進“に
音楽は、歌は、力になってくれそうです♪
あと、笑顔も(*^_^*)


新垣さんの笑顔もイイですが、木村文乃さんの笑顔も☆







blogramで人気ブログを分析


PVアクセスランキング にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア