映画『娚の一生』★古い一軒家で紡がれる男女の情愛がイイ☆

T0019139q.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/165170/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


祖母亡き後も、祖母の家に、ひとり住む“つぐみ”と
その離れに住む、大学教授:海江田。





このチラシには、ビックリですが(汗)
ここだけ切り取っては、もったいない作品でした ^^;

この物語は、草木染めをしていた祖母の家(古民家)を舞台にしていますが
それがとても良かった☆
都会のマンションでは、成り立たない風情ですよ。


▼~▼ 内容にふれて、ほぼノーガキです。


▼▼▼

1、時計のぜんまい


榮倉さんは、笑顔はまぶしいほどなのに
都会の生活もろもろに疲れたムードの女性:つぐみとして登場。

冒頭で、子供のつぐみが、
祖母の家の柱時計のぜんまいを巻くシーンがありますが
その後、何度かそのシーンがあります。

そんな、昔ながらの時計の似合う、祖母の家が、とても良いのです!
ワケありで、そこに住むつぐみが、中庭で、染物をするのも良い^^;
ご近所さんが、ひょっと訪れて座れる椅子があるのも、さりげない。
祖母が住んでいた―という人の温もりが、そこここに感じられるのが嬉しい。
恋に破れて、そこにたどりついたような“つぐみ“には
その家にくるまれているように、思えます。

で、そこに、ポッとあらわれる王子様!?ならぬ、居候のオッサン
いえ、ロマンスグレーの大学教授。しかも独身^^;
とはいえ(←この接続はおかしいかも^^;)
“つぐみ“は、この海江田と言う男に、一目ぼれはせず。

母屋と離れとはいえ、同じ敷地内での同居生活☆
この、“スープの冷めない”的な距離感が、古民家の良いところ。

お疲れ&諦めムードのつぐみの“時計“が、新たに巻かれていくのです。


2.少年

つぐみと海江田が、なんだかんだ言いながら、うまく暮らし始めた頃
一人の少年が、この家に、置き去りにされます。

その少年の面倒をみる、つぐみと海江田。
子はかすがい、と言いますが、よその子であっても
親子や夫婦のような情が、生まれてくるのですよ。
(家族っていいなァ……という、アノ雰囲気です)

そして、母親がしれ~っと迎えに来て、落着しますが
この子も、時計のぜんまいを、巻いていくんですね。
少年の人生にも、つぐみと海江田の生活にも…



3.足をなめるのは情愛の一部   ~敢えて言わなくてもですが^^;


男女の情を、一言で言おうとするのは、ヤボかもしれませんが(>_<)
つぐみに一目ぼれの海江田は、ともかく
もう恋はしない(>_<)と思っていたつぐみの心が、溶けていくのを
一言では、言い切れません……

と言うのは、もう恋はしない!と思う時点で
心の奥の奥の底の底では、本当は、イイ恋がしたいと思っていると思うからです。
(本人も気づかないかも)

けれど、全身全霊の恋が、終わってしまったときは
次のことなんて、考えられません…….
オシャレして綺麗にして、次の恋を……なんてムリなんです……orz
(つぐみも、しばらくオシャレっ気なかった…(―_―)!!)

しかし、微妙な距離に、自分に好意を持っているのに、媚びず
大人の余裕で構えている男性がいるという、絶妙なシチュエーション♪
(これは、トヨエツならではですよ。この構えは^^;)

しかも、学生の頃は、年上の祖母を慕っていたという
ふり幅の大きさ!
恋愛の間口が広いというのは、要注意でありますが(汗)
恋愛に柔軟?というか、寛大のような
あるいは、身内のような親近感もありか……?

そんな海江田には、足をなめられたらイチコロですよ――ではなくて…

今、もし、自分の頑な気持ちが、いい意味で崩れてくれたら
心から、受け止めてほしい――と願うとき
その受け止めてくれた人に、本当に何もかも、委ねさせて欲しい――
と思うと思います。

ソレが、自分の足を、海江田がなめるままに許した――
ということだと思うのです。
(この感じは、うまく説明できません……)

この人と、一緒にいたい……
心から、幸せになりたいと……


▼▼▼


↑つぐみを借りた、私目線のノーガキですが^^;
男の海江田とて、愛する女無くしては、生きていけない――と思います。


タイトル“娚の一生“の“娚”は、“めおと“と言う意味があるそうです。
オトコと読ませていますが、女がくっついています^^;
“男の一生”には、女が隣にくっついていないと……ということかな……^^;

古い一軒家で、(トヨエツ、蹴飛ばされもしますが(>_<))
少しずつ紡がれていった情愛の姿は、私のツボでした。
一生に一度は欲しい(^_-)-☆




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





blogramで人気ブログを分析



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア