映画『寄生獣 完結編』★スゴイことになっても希望と奇跡で完結(^_-)-☆

T0018598q2.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/164471/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

寄生獣』の続編です。


“寄生“と言う状態の危うさ(=軒を貸して母屋を盗られる?)も含め
前作で、投げかけた諸問題が、どう解決されるのか――
新一とミギーはどうなっちゃうんだろう??と言うのも気になって^^;
鑑賞しました。

状況が危機的になっていくためか
深津絵里さんはじめ、含みあるセリフでも
生きること・命のことについて、攻めこまれた感じです。


▼~▼ 内容にふれて雑感です。(ネタバレ含む)

▼▼▼

1.人間を減らす


地球上に人間が多すぎることの弊害を、人間自身が憂いている――
ことで、天敵として存在とする、人食い寄生生物(パラサイト)。

市長は、“ムダ“(な人間?)を省く、と言う公約で当選し
市役所は、パラサイトの巣窟と化す。
ついに、SATの登場で、市役所が一掃される運びになりますが
パラサイトと思っていた市長は、実は、生身の人間だったことがわかります。
人間自身の強い戒めだったのか……


2、なんのために生まれてくるのか


パラサイトが人間社会にとけこむ(共生)ことを理想としていた田宮良子が
実験的に、人間の子供を産みます。
と言っても、始めは、授乳していても、事務的な印象です。
赤ちゃんは、お母さんから、あやされたいと思っていると思うのですが
表情が硬いんですよ……(―_―)!!

でも、このようなお母さん、ときどき、見かけます……(汗)
そのとき、たまたまかもしれないけれど
赤ちゃんが、ぐずったり声を出していても
スマホや本から目を離さずに、手でトントン……すればいいほうで、
あまり、かまわないんですよ……
赤ちゃんを見て、声かけてあやせばいいのに(>_<)と
老婆心ながら、思ってしまう…….

田宮は、パラサイトとしては、自分の命だけを守ればいいーー
というスタンスのようですが、子供を産み育てることで、“母”になる。
「母なんてお前が言うナ!」と、新一には、言われてしまいますが……(>_<)

人を育てる――ということは、
ただ、食べ物(授乳)を与え、オムツの世話をすることではない!(キッパリ)
ただ、死なないように、生かしているだけでもない!

親が愛情を注ぐことで、その子にも、人を思いやる情緒が育つ――ことも1つかと。
(同時に、親も、子供からの愛情で育てられる)
さらに、
②社会で自分を生かしていく責任を持てる人にならしめること――
と言ってはオーバーでしょうか?

自分は、なぜ、生まれてきたのか――
劇中の田宮は、それなりの答えを得て、
母として、身を挺して、子供を守ることで、まっとうしました。

↑②は、自分自身が、成長しながら、自分を育てていくことでもありますよね……
それをしないと
なぜ、自分は生まれてくるのか?だけでなく
なぜ、人を殺してはいけないか、わからないヤツになってしまいそうで……(―_―)!!


3.パラサイトと人殺し


人食いパラサイトも、とんでもないですが(←食するため)
人間の殺人鬼こそ、トンでもない!(←快楽のため)
パラサイトとやってることは同じ、と豪語するのが、ヤラシー(―_―)!!
(↑新井浩文さんのキャラにぴったり^^;)

人間として育っていない、サイコパスには、困ってしまう。


4、英断


死闘を繰り広げた、最強のパラサイト(=浅野忠信さん)の瀕死に際し、
心優しい新一は、自分(たち人間)にも非がある――
という“謙譲の美徳“で、とどめを刺すのを、やめたシーンがありました。
(それじゃもしかして、復活したら、新一が殺られちゃうかも……(>_<))

しかし、愛する者(ガールフレンド)の存在が、思い直させ
新一は、パラサイトを炎の中に、突き落としました。

後顧の憂いなく――と言いますが
そのときの自分には、“ゆきすぎ“な行動であったとしても
後に、禍根を残さぬようにとった行動は、“英断“だと思いますよ。


▼▼▼


パラサイトを殲滅させればメデタシーーというわけでなく
人間の顔をした異常生物もいるので、要注意です。(汗)


そんな人間にならないように、親も自分も
いい方向に、自分(人)を育てないとダメなんだなあ~と言う感想は
作品の方向性とは、違うでしょうか……(汗)

それは、さておき
繊細な雰囲気の染谷将太さん(新一)の力強い存在感が、
今回は、特に発揮されたかと。

壮絶にスゴイことになってしまって、どうなるかと思いましたが
「新一とミギーは希望」と言っていたように、希望はありました。

愛する者の命を守る!!!
ラストシーンの奇跡も、力強く爽やかで、良かった☆



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア