映画『王妃の館』★パリの高級ホテルで殺人事件!?は起こらない^^;

T0019414q.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/165845/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

水谷豊さん演じる作家(=右京さん)の個性に、押されつつ
パリ(付近)旅行気分で、鑑賞しました。
(というか、それだけかも……汗)

・モデルになった豪華ホテル(王妃の館)→ル パビリオン ドゥ ラ レーヌ

・ルーヴル美術館→コチラ

・ヴェルサイユ宮殿→コチラ


ホテル滞在中、右京は、パリの風にインスパイアされて
ルイ14世と息子についての小説を、執筆します。
その再現ドラマシーンが、挿入されるので
パリ旅行気分と、レトロな創作世界とで
非日常気分は、味わえます^^;


▼~▼ 内容にふれて雑感です。

▼▼▼

ちなみに、
ツアー客が宿泊したパリの高級ホテルで、殺人事件は起こりません^^;
何が起こるかと言うと―――

右京の参加した豪華ツアーには、実は、ウラ(ネガ)があって
格安ツアーの別団体と、ダブルブッキングしていました。
(ジリ貧の旅行会社が仕組む)

両ツアー客が、顔を合わせないように
昼夜のツアーをうまく組むのですが、バレルのは時間の問題……
ホテルの客室で鉢合わせしたら、どうしよ~~(>_<)

というのも、団体行動をうまくやっていれば、うまくいくはずなのですが
勝手な行動をとるお客もいるんですよね……
特に、警部殿!でなかった右京さん!
「好奇心が僕の悪いクセ」(by右京)←どちらの右京でも可
閉館近くに、ルーヴル美術館に押しかけて、入れてもらったり……
(普通は、ムリだと思う(―_―)!!)

つい、作家・右京と警部・右京が、重なってしまうのですが^^;
ヴィクトル・ユーゴーには見えませんか?」と来た!

見えないです,……
どちらかと言うと、前髪パッツンは、レオナール藤田へのオマージュかと……^^;


そんなこんなで、ツアーの段取りを崩されて
客室で、鉢合わせしてしまった!!(>_<)
(その辺、もっと、ドタバタしても良かった^^;)

一方、マイペースにやっていたせいか、右京さんの筆は進む。
ルイ14世と息子のエピソードも
それなりに見せてくれる……………?

以下省略orz


▼▼▼

映画は日常を忘れるために見て楽しむもの――だとしたら
外国の街や文化を見せてもらうのも、気分転換には良いのでしょう。

右京さんの個性的な外見が、アレだけ卓越(浮いて?)していたのだから
空回りを恐れず(汗)、もっと大きく、内容を振ってもらっても良かったです。


――などと、辛口なことを言ってしまったので
右京さん、あとで、スイーツと紅茶、お持ちしますネ(^_-)-☆




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 確かに藤田嗣治だ。

ミカエルさん、こんにちは☆

前髪パッツンのインパクトは強いですよ(*^_^*)
意識していたかもしれませんね。



>  たしかにヘアスタイルは藤田ですね。
>
>  実際の藤田も賑やかでお調子者でハプニング好きの宴会好きだったそうらしいから、意識しているのかな。

確かに藤田嗣治だ。

 たしかにヘアスタイルは藤田ですね。

 実際の藤田も賑やかでお調子者でハプニング好きの宴会好きだったそうらしいから、意識しているのかな。
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア