映画『駆込み女と駆出し男』★人生いろいろ女のリセットwith立場いろいろ男

T0019469q.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/166028/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

井上ひさし原作:「東慶寺花だより」

信次郎:大泉洋
じょご:戸田恵梨香
お吟:満島ひかり
柏屋源兵衛:樹木希林


時代は、江戸後期(天保)。
縁切り寺(東慶寺)に駆け込んだ女たちの物語です。

・東慶寺のウィキ→コチラ

が、東慶寺は格式が高いそうで
駆け込みの庶務は、御用宿の『柏屋』が、承っています。

その柏屋主人の“甥っ子”兼“居候“の信次郎が
“世話係”兼“医者代わり?”で、寺の女たちと関わりながら
見せてくれます。

戯作者の駆け出しでもある信次郎の(←↑立場いろいろ^^;)
調子のいい台詞回しが、いいんですよ。
聞き取りにくい部分もありますが(汗)
それも勢いで、スルスル~ッといく、スジ運びも
滑らかなんですよ。

▼~▼ 内容にふれて雑感です。

▼▼▼


1.お吟の場合 ← じょごに助けられて駆け込む


満島ひかりさんの薄幸のオーラに、悲惨な過去を覚悟していましたが
今回は、ちと、違っていました。


情夫が、堤真一さんですもんね。
( 惚れた男に、病気で弱っていく自分の姿を見せたくなくて、駆け込む)


↑そんな駆け込みも、あったんですねえ……
これも、女の哀しい性(さが)なんですかしらねェ……


2.おせんの場合  ←お女郎


駆込み寺とはいえ、お女郎の足抜けは、対象外でした。
けれど、さらわれて売り飛ばされた(!)おせんの身の上を知った源兵衛は、
ナントカしてあげたことが、わかります。


乗り込んで来たヤクザを、うまくかわすところは気持ちよく\(^o^)/
掟破りの“駆込み“女郎を、隠し続けた真相がわかったときには、胸打たれます。


3、ゆうの場合 ←武家の女


実家の道場を、乗っ取った男の嫁にさせられますが
離縁して、仇を取ろうと思っています。
この夫が、とんでもなく、ケダモノなんですよ!(怒!)


↑こーゆーの、現代にもいますね……(―_―)!!
暴力で、やりたいホーダイの、どーしょーもない男……(―_―)!!


時代劇のいいところは、勧善懲悪に、成敗(!)があること。
(平和主義や赦しは、しばし、忘れてくださいませ)
そもそも、話し合いにならない狼藉モノです!この男は!
柏屋は、刃傷沙汰で、流血の惨事!!

寺の女たちも、切られそうなときに
“じょご“が、ズバッと、退治したときの安堵よ!(これは駆除と言ってもいい)
こういう解決も、やむなし。


4.じょごの場合☆  ←鉄練りの家の嫁


主人とは名ばかりの夫は、実家の仕事(鉄練り)を、妻に任せきりで
女に呆けて、妻には、暴力をふるう……orz
↑こーゆーのも、現代にもいますね(―_―)!!


我慢していても、あるとき、堪忍袋の緒が、切れてしまうことはあります。
“駆込み寺“という、女の逃げ場があってくれて良かったと、思います。
縁あって出逢ったお吟と二人、やっとの“駆込み成就“には、
グッと力が入りました。


かくして、2年が過ぎ、晴れて離縁成立、というときに
夫が改心していたら、どうします?
職人も、また戻ってきてほしいと、口添えもしたら…?
復縁しますか―――――――?


答えは、人それぞれだと思いますが
たとえ、そのとき、好きな人(信次郎)がいなくても、
離縁は、むずかしいと思います…….


駆け込んだという“覚悟”は、すでに、変わりようのない“決心”だと思うから。
それに、2年の月日が、それぞれの生きる世界と価値観を
すでに、大きく引き離していると思うので……
(出て行ってからの改心は、遅いのかも……)


▼▼▼

寺に駆け込んで、離縁して、再び、
俗世間での、堅実な(!)生活設計をする、じょご。
今度こそ、末永く幸せであってほしい(*^_^*)


そんな駆込み女たちの、“人生いろいろ”もですが
手の無い、女間者:玉虫の過去も気になるし
駆込み寺の院代サマ(法秀尼)の“秘密”も、何?と、気をもたせます。


男子禁制のお寺に、医師として入る信次郎と
清く正しい院代サマとのやり取りも、オカシイ^^;




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア