映画『明日に向って撃て!』★アウトロー二人の絶賛ラストシーンwith自転車

133505_3.jpg

作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/1780/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

ウィキ→コチラ

泥棒稼業の2人組:ブッチとサンダンス(実話ベースらしい)。

・ブッチ    :ポール・ニューマン
・サンダンス :ロバート・レッドフォード
・女教師 エッタ:キャサリン・ロス

自転車や逃亡中のシーンがおぼろげに残るだけで
忘れてしまいましたので、再見しました。
(ファンの方には、イマサラ感があると思いますが、また忘れそうなので
備忘録のつもりで……)
一説には、時代に取り残された男たち――というのだそうですが
やはり、伝説のラストシーンのインパクトは、忘れちゃいけません!

▼~▼ ちょっと備忘雑感です。

▼▼▼

1自転車のシーン♪with『雨にぬれても』

ブッチがサンダンスの恋人エッタと、“自転車”に乗るシーン。

相棒の彼女と、自転車を楽しむ、というのも
楽しそうだけど、微妙な不安要素がありますね…^^;

“未来の乗り物”と言われた自転車で疾走する姿は
危なっかしいけれど(>_<)、爽快感は否めない。

自転車操業などと言いますが、
泥棒稼業で、明日はどこ吹く風の彼らの人生そのもののよう……
そこで、流れるBGM}『雨にぬれても』♪
歌詞は、ちょっとカゲリがあるも
あらゆる不安要素を消し去ってしまうような、この素敵なメロディ♪

殺伐とした逃亡劇でなく、潤い(雨?)をもたらしてますね。

2.逃亡シーン

列車強盗をして、追手に、追われ続けていく2人。
追手に期限が無いので、逃げて逃げて逃げて――の逃亡シーン。
終わったときが終わり――という、刹那な生き方の彼ら。

逃げるときは必死でも、
人のモノを盗って生きるなんて、ダメですよ(>_<)。
けれど、そんな“気まま“な生き方を”自由”というなら
命からがら逃げる彼らの姿にも、ロマンを夢見てしまうのかも……

スペイン語ができるから、彼らとともにボリビアに行くエッタ。
教師の生活を捨ててまで――と思いますが、
好きになった人には勝てなかったのね……
(けれど、無法者2人との逃亡生活には、限界を感じ、
エッタは、途中帰国します。)


3、ボリビアでのラストシーン

ボリビアでも、銀行強盗をしたり、
逆に、給料運搬のボディガードをするなどしましたが
追われる身の上は変わらず、追いつめられるときが……

読みのうまいブッチと、銃達者なサンダンス。
このコンビで修羅場をくぐってきたように、今度も、そうするはずでした。

読みがうまい、と言ってしまいましたが
未来の乗り物:自転車を捨てて、馬車(だったか)に乗っていったブッチには
明日と言う未来が、来る運命ではなかったようです……

ラストシーンが、すごく切ないのは、ストップモーションの衝撃もですが
その前に、大勢のテキに取り囲まれた現状に際し
ブッチは、最強だと思っている“追手“がいないことで、
「じゃあ大丈夫だな」と思うこと。

↑コレは、本気でそう思っていたのか?
あるいは、そうでも思わないと、いられなかったからか?
そして、二人が、撃って出たところで、画面は止まり
たくさんの銃声が、これでもかと響いて終わる――――
彼らの“終わり“は、残酷な銃声の中にあり
彼らの“終わり”は、見る人の心の中だけにある――――


▼▼▼


二人が、最後に撃ったのは
彼らにはなかった明日に向かってだったとは……(>_<)
この邦題も、ニクイ☆

“滅びの美学”と言う人もいますが
カッコいいんだか悪いんだかわからない……けれど
アウトローのおバ〇な生き方をした二人に
なんだか、切なくいとおしい気持ちが、くすぐったく残る…….




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア