映画『イニシエーション・ラブ』★前田敦子さんの「たっくん♪」が耳から離れず^^;


T0019584q.jpg

作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/166362/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

恋人たちの行く末に、“仕掛け“があるとのことで
気になっていましたが
予告編で、前田敦子さんが、「たっくん♪」と呼びながら
コクリと小首をかしげる仕草も、カワイくて、こちらもすごく気になって^^;

“タネ明かし“までの筋書きの妙を、なんだろなんだろと思いながら
散りばめられた、バブルの頃の懐かしい歌(やアイテム)の数々で
テンション揚げながら、鑑賞しました☆

物語は、カセットテープよろしく A面とB面のエピソードから成ります。
ラストの“巻き戻し“で、ははあ~となりますが
その前に、うすうす気づくことも……(汗)

▼~▼ 大ネタバレは避けながら、雑感です。

▼▼▼

1.80年代頃の背景♪

この作品を、魅力的にしてくれているのが
時代が、80年代頃であること。

カセットテープも懐かしい……
A面からB面に裏返さないで、“エンドレス“に回せる機能が出たときには
画期的でした!
エアチェックというのもしたなぁ~♪

『男女七人夏物語』のように、男女数名で、海に行ったりもしたなぁ~……
(それは、いつの時代でもありそうだけどなぁ~^^;)
明石家さんまさんと大竹しのぶさんの絶妙なセリフの応酬も、良かったなぁ~
言い合いの中に、強い愛情があって、“本気”を感じた愛情物語だったなぁ~

そもそも、人は、出逢いの中に、”本気”を求めるものだと思うのです。
合コンで出逢っても、職場で出逢っても……

携帯電話もないから、ひたすら家の電話を待っていたり
外では、公衆電話を捜したりして。
つながろうとする必死さ?が、今より強い時代だったかもなぁ……なんて。


2.前田敦子さん♪(=繭子)


彼氏を「たっくん」と呼ぶ繭子が、カワイイ☆
(前田さんは、幼さ残る可愛さを、前面に出してました!)
花を背負ってる繭子は、少女マンガみたい^^;
カマトト?いえいえ、超カワイイ\(^o^)/

カワイイかわいい、と褒めちぎりですが
この繭子の可愛らしさが、作品の大きな比重だと思います。
(当時、ブリッ子というのも流行った)

恐るべし!「たっくん」コクリの首かしげ……(汗)
それ以上は……言えないの……



3.亜蘭澄司 その他 (↓要反転!)


架空の人物名:アラン・スミシ―
松田翔太さんの“使用前“状態の方のことでしょうか。
けれど、ダイエットしても、松田翔太さんにはならないよね、アラン。

外見がこんなに変わると、性格まで変わって
DVになってしまうの???と思いましたもん。

そして、真相がわかって巻き戻したときに
カワイイ女の子の恐ろしさにも、気づくという…〈汗〉
カワイければ、可愛いほど、怖ろしさが増すわけで
前田敦子さんのブリブリな可愛さに、おののくのです(>_<)



▼▼▼

なかなか、面白いものを見せて頂きました。

前田敦子さんの
「たっくん♪」と呼ぶ声が、頭から離れません……




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア