映画『夫婦フーフー日記』★“フーフー漫才”は笑いの想い出に変えて

T0019250q.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/165455/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


長く友達だった二人が結婚し、パパとママになりました。
けれど、ママには、病気(大腸がん)が見つかってしまいます――

・夫:佐々木蔵之介
・妻:永作博美

闘病ブログからの実話だそうです。
・元のブログ→コチラ


健康なうちには、さらっと、過ぎていくかもしれない日常ですが
この夫婦には、結婚~妊娠~発病~闘病~出産~闘病~育児~闘病……
それらが、あっと言う間に、過ぎていくことになりました。
重病になると、家族も含めて、いろいろと大変ですよね……
フーフーというのは、よくわかりますよ。

重いテーマではありますが
佐々木さんの飄々とした雰囲気と
永作さんのサバサバっとした感じでもって(←すごくイイ☆)
“ちぐはぐ夫婦漫才”のような二人の関係が
色濃く残されていきました。哀しみより、そのほうがいいじゃん♪


▼~▼ 内容にふれて雑感です。


▼▼▼

1、永作さん♪絶賛!

まずは
幽霊となった妻の姿が見える夫、と言う設定が、ニクイです。
夫は、自分の作り出した“幻影”だ、と思うのですが
妻のいう事は、しばしば、夫の思考範囲を越えている……^^;

特に、妻のグチ。(―_―)!!
夫婦の闘病作品だから、きっと麗しい夫婦愛なんだろーと思っていましたが
妻は妻で、夫へのグチを、吐き出したシーンがありました。
それって、“幻影“を、越えてます……(汗)。

あるいは、その時は気づかなくても
振り返ってみて、夫が“反省“した点だったのかもしれないけれど……
(ブログを全部読んでいないので詳細不明です。すみません)

ああ、やはり、夫婦間には、いろいろあるんだなー……
それらを、受け止めたり、受け流したりしながら
デンッと構えて、しっかりものの存在感が、小柄な永作さんにはあるのです。

ハンバーガーを食べている彼女と、初めて出逢った印象からか
夫の幻影は、ハンバーガーにかぶりつく彼女の姿で始まる。
その永作さんも、やせの大食いっぽくて、カワイイんだな(*^_^*)


2.ウソで救われる


本になったわけですが、事実とは違うぞ!と
夫にクレームつける妻の姿が、また、オカシイ(*^_^*)
ドキュメンタリーなら、過剰演出か!?(>_<)

いや、これは……
二人の記録というだけなく、夫の願望だった。
ウソ!?であっても、
残したいことは、残したいように残す。

「ウソをつくことで、自分を救っていたんだよね」
妻の言葉には、グッときた―――

願望もそうだけれど、病気の人を前にすると
ウソをつくことが多くなることは、経験した人にはわかると思う。
申し訳なく思うウソは、“可能性”が乏しいのに、さもありそうに言うこと。

ブログで見たエピソードです。
化学療法について、担当医が、本人にも話すのですが
あとになって、夫が知ったこととして
化学療法の効果は、低いことはわかっていたけれど
まだ治癒の可能性があると、本人に思わせたくて話したと。

騙したのとは違って
願望が込められたウソには、苦渋の優しさがあると思います。
「そのウソに、私も救われたよ」
そんな妻の言葉も、夫の幻聴?なのだけれど^^;
“本当”に、そう思っていたと思うよ、きっと……


▼▼▼

死を盛り込んだ実話ですから、やはり哀しいです。

けれど、辛く哀しい日々でさえ
笑いと楽しさに塗りかえて、覚えておくことができるなら
笑っちゃったほうがイイ!!!!!(*^_^*)

この夫婦の、フーフー漫才のボケとツッコミは
ずーーーっと続いてていい。
永作さんの笑顔が、いつまでもイイ☆




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア