映画『白河夜船』★キャミ姿でけだるく目覚める安藤サクラの妙

img_0_m.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/166940/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


原作:よしもとばなな
(原作未読ですみません)

・寺子: 安藤サクラ   岩永の電話で目覚める たまにバイト  
・岩永: 井浦新     寺子の不倫相手  妻が植物状態
・しおり: 谷村美月   寺子の親友  添い寝バイトしていた  自殺する


白河夜船の語源にちなんだ“眠り”が、モチーフ。


                ・「白河夜船」の語源→コチラ


勘違いからのエピソードとはいえ、「白河夜船」の響きには
小舟に揺られたまどろみが、心地よいけだるさを思わせて
夢うつつの色気さえ感じます。


メインは、――不倫関係の彼氏との煮え切らなさ――のようです。


その曖昧さが、“眠り“という神秘的なボヤケで、
いじられているのが、面白くも、けだるい。


なにより、この配役が絶妙☆
安藤サクラさんの、キャミソール姿の寝起きが、なんとも生生しく
失望感にじむ雰囲気にも、眠たくなるかも……^^;


▼~▼ 内容にふれて雑感です。


▼▼▼


しどけない寺子の眠りは、たいてい、彼氏の電話で覚める。
しかし、「おっはよー」などと、爽やかでも、元気でもない。
とりあえずの目覚め。


寺子の眠りは、彼氏のいない時間帯の“孤独”の象徴のようです。
彼氏のいない時間は、眠ったも同然なのかも……


そして、彼氏と一緒に食事したり、そぞろ歩いたりするけれど
寺子には、はじけた悦びはなさそう…なのは…


彼氏には、意識不明の奥さんがいるから。


この意識不明という、深すぎる眠りが、効いています。
この究極の眠り姫が、彼氏を放さないのです。
彼氏とて、どうすることもできぬまま
寺子に、“うたた寝“のようなつかの間の安らぎを、
断片的に、求めているようなのです……


さらに、もっと絶対的な眠り=永眠、というのもある。


寺子の親友しおりが、ある日、永眠(自殺)してしまった。
近しい人の自殺は、その理由が、わかってもわからなくても
受容しかねるものです。
ただただ悲しく、こちらの魂を抜かれるほど
ただただ虚しい……


眠りのひねりは、しおりにもあって
彼女は、添い寝バイトをしていました。
添い寝中は、目覚めた客に微笑むために
ずっと覚醒しているのだという。
なんだか、足りない眠りを、永眠で取り戻すかのような――
などというのは、ムリがあるだろうか……


そんな、虚無の空気が流れながら

ある夜、寺子は彼氏と花火デートする。


この先、二人はどうなるのか?
奥さんは、夢の中で、夫に何を希望するのか?
(ちなみに、奥さんは、幻の中で、寺子に仕事をさがせと言った)


思いつきバイト生活をしている寺子自身は
シャキッと、夢から覚めた生活が、出来るのか??


この先、彼らみんなの夜明けが来るのか????


………などと思っても仕方ない……
今は、ドーンと打ちあがった花火が
寺子の瞳に映っては、はかなく消えていく……


眠たく覚醒して、すぐにまどろみに堕ちてしまいそうな
ヤル気のもてない生活の中でも
今、あなたと花火を見ている、この瞬間には
覚醒した確かな夢を、見ていられるのだから………………


                         (↑雑感であって、作品の本質とは別かも....汗)

▼▼▼


包容力があって、優しすぎるから
よけいに、悲しい気持ちになってしまうけれど
何かを信じたくなる彼氏・岩永の雰囲気が
井浦新さんにピッタリなのも、魅力です☆




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア