映画『おもひでぽろぽろ』★道なりにゆく山寺街道も“おもひで”に

51A-Yz9tmkL.jpg

作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/4924/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

公開当時(1991)は、よく知らないままで、
山形に来て、しばらくしてから見た作品でした。

東京のOLタエ子が、夏休みに、
姉の嫁ぎ先(山形)にホームステイするのですが
新幹線開業前の山形駅に降り立ち、
親戚のトシオの車で、高瀬・高沢へやってきます――

物語がアットホームで、と言うより
これは山形の話なんだ!と今頃、知ってから、
気持ちがすっかり、入り込みました^^;

農村風景を見ながら、トシオが、都会むすめのタエ子に、
田園風景も“自然“ではなくて、人が手を加えているものなのだ―ということを
言うシーンが、特に、心に残っているのですが……

▼~▼ 以下、主に雑感です。

▼▼▼

まずは、山形駅から高沢方面に行く風景のシーンに、萌えました^^;

1982年頃の山形だそうですが、忠実に再現されていたようです。
今ではなくなりましたが、“山形松坂屋”は、あの辺にあったな~……
そして、石灯篭は、馬見ヶ崎橋☆(2015年現在:工事中です)
そこをわたって、“山寺街道“を通り、国道13号線をわたって
もっと行って、“風間ガード下“をくぐる……

ちなみに、仕事で通ることがある、“山寺街道”。
風間ガード下を通って、私は、そのまままっすぐ行くのですが
トシオの車は、まもなく、右折していきます。(至:高沢)

すごく親しみを感じながら、勝手に盛り上がって観たシーンです。
が、近年、山寺街道に、異変がありました。
国道13号と交差する大の目交差点の立体交差にともない
まっすぐつながっていた山寺街道は、分断?されました。

トシオが通った山寺街道では、そのまま進むと、その先の山寺街道には行かず
左折する道しかありません。
左折してから、従来の山寺街道に行かれるのか?――と言うと…
こわくて、その道は、試していません……(>_<)

トシオが通った道の、一本、西側の道を通っていくと、新しい穂積バイパスに出て
やがて、山寺街道に、合流できます。
けれど、物語としては、やはり
山寺街道をま~っすぐに行って、途中、右折して高沢に向かう――というほうが
物語に入り込めそうだな~と思いながら、通過しています。^^;


そして、ホームステイをしながら、その家に、染まりつつあったタエ子に
本家のおばあ様が、「トシオの嫁になってほしい」と、直球で言ってきます。
いきなり?ですが、言うときには言わないとね!

人生を考えるとき、誰もが、幸せに生きたいと思っているはず。
先のことは、誰にもわからないけれど、
自分はこう生きよう!と決意したとき、それを受け止めてくれる心があれば
どんなに、心強く幸せなことだろう!

東京に帰るはずだった、タエ子が乗ったバスが“高沢”行き。
(ここは、義母の実家がある高沢だ!と盛り上がる^^;)
その地名を見たとき、戻ってきたタエ子に、じ~んと来た。
あとは、幸せな未来を祈るしかない。(*^_^*)

そんな高沢も、今では、コミュニティ・バスになったそう。
公開当時は、一般のバスで、
車内には『おもひでぽろぽろ』の音楽が流れていたと、
義母が、教えてくれた。(*^_^*)


▼▼▼

公開当時ではなく、山形に来てから観たので
よけいに、感情移入も背景移入も、できたのかもしれません。
柳場敏郎さんのトシオも、適役でした☆



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア