映画『狩人の夜』★子供を狙うオッサンから逃げて!と祈った果てに

img_0_m.jpg



作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/2829/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


・ウィキ→コチラ



最近、中1男女殺害事件がありました
中年男が犯人だそうで、痛ましいことです。(合掌)

この作品も、中年男が、子供2人を狙った話です。
悪者が、すでにわかっていて(悪の伝道師:ハリー)
子供が、魔の手から救われないものか、と
ハラハラしながら見ました。

955年の公開当時は、モノクロということもあってか
高評価ではなかったそうですが、後年、再評価されたようです。


▼~▼ 内容にふれて雑感です。


▼▼▼


獄中、ハリーは、1万ドル盗んだ男と同じ房になります。
彼は、隠し場所を自白しないまま、処刑されますが
子供に託したと踏んだハリーは、出所後、男の家族を訪ねます。


そもそも、このハリーが、ひとくせある気味悪い男なんですよ。
信仰をかたり、清らか?を装うかのように、女性を汚らわしく見下す。
ゆえに、未亡人を殺し回っていたようですが
投獄の罪は、車泥棒。


殺人鬼が、伝道師になりきっているので、
信心深い女性などは、だまされてしまうのです…
指の刺青:LOVEとHATEで、教訓的な寸劇などしたら
イチコロです……


男は、1万ドルのことは、妻には言わず
長男と妹に、隠し場所を教えていました。
(要反転→       妹の人形の中    )
だから、ハリーが、まんまと再婚しても、妻は用無しとわかり
殺して、沼(川?)に沈めてしまいます……


そんな男から優しくされた妹も、イチコロで
ハリーに、1万ドルのことを話そうと、兄に言い出します。
妹も、秘密を抱えるのは、ストレスだったのかも…
お札を切り抜いて遊んでいたのも(汗)、ストレス解消?


しかし、いよいよ、身の危険を感じた兄は、夜
妹と小船に乗って、逃げ出します。
その川の描写が、印象的でした☆

小船は、サーっと、流れていくのですが
そのほとりで、うさぎやカエルが、かなり、度アップで映ります。



大きく映し出された生き物たちは、たとえ、悪者が何かしでかしても
きっと、それを見ている者がいることを、暗示させます。

クセモノは、夜に強いのか、眠ることなく、馬で追ってくるハリー。
子供たちは、おちおち、休んでもいられない!
どーしよー!、ハリーにつかまったらどーなるー!
うさぎさんやカエルさんより、もっと、心強い目がないと!!!


――と思っていると、川辺に、クーパーおばさんが……☆
(あたかも、モーゼを拾い上げたエジプトの王女のような


クーパーさんは、他の子の面倒もみている、いわば
肝っ玉母さん♪
厳しいけれど、強い愛情のある人で
銃を構えて、子供たちを、ハリーから守りとおしてくれました。


結局、ハリーは、警察に逮捕されますが
その様子が、父の逮捕と同じ状況で
兄のほうは、取り乱してしまいます……



されど、クーパーさんの言うことがいい。
子供は強くできているから、乗り越えられるよーーみたいなことを。
それは、決して、深く受け止めていないわけでなく
その手は子供たちを、ギュッと抱きしめている……



命も、心も救ってくれたクーパーさんに出会えた展開に、ホッとします。


▼▼▼


獲物を狙う狩人のような怖いおじさんに、追われた子供たちが
逃げ切る(助かる)ことを、ハラハラしながら、
祈るような気持ちで見入り
最後は、しっかり、心身ともに、救われたのがよかった☆


子供が事件に巻き込まれてしまうのは、痛ましいですから……



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア