映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』★表現の自由は銃では死なない!withほっこりカミツレ茶^^;

img_39e5c449bd_0.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/166836/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

前作の続編です。


表現の規制をする、メディア良化隊と
表現の自由を守ろうとする、図書隊。


図書館での武力闘争という、奇想天外さですが
武闘シーンの臨場感の中にいると
それなりに思うところが、出てきます。


今回は、表現の自由の象徴となる“本”をめぐるエピソードです。
その本を、展覧会場に搬入するだけなのに、スゴイことに!(>_<)


▼~▼ 内容にふれて雑感です。

▼▼▼

1.図書隊(タスクフォース)を壊滅させれば……


今回の戦闘の目的は、良化隊による “図書隊の壊滅”。


仕組んだのは、元・図書隊エリートで、文科省在籍の手塚(=松坂桃李さん♪)。
彼いわく~抵抗する図書隊がいなくなれば、良化隊の検閲もゆるむ?~と。


敵対するものがなければ、戦う必要がない――かもしれませんが
そもそも、良化隊の検閲が、ゆきすぎたための防衛線が、図書隊。
図書隊がなければ、ますます増長しそうですが……(汗)


一見、平和志向のような、手塚の提案ですが
自分が正しいと思う人の中には、成就のためには
手段を選ばず、犠牲もやむなし(>_<)――という人がいて困ります(―_―)!!


手塚は、図書隊が守る重要な“本”をエサに、図書隊を壊滅(>_<)するべく
攻撃をしかけますが
その前にも、卑劣なことをするんです……(―_―)!!


実は、映画『MOZU』での、松坂さんのイカレぶりを見て
松坂さんは、善玉はもちろん、
悪玉も、どこか、一途なものに引きずられた結果
悪行に染まっている雰囲気が合うなあ~と思いながら
未見だった本作での悪玉ぶりも、見ておかないと!と思って鑑賞しました^^;
本作での、クールな上から目線での行動も、エリートゆえに行き着いた結果――
という感じが、合っていたと思います♪


2、ミト図書館の方(~フィクションですから^^;)


その本が、展覧会場に運ばれるのを阻止すべく、良化隊が攻撃したのは
中継地のミト図書館。
搬入した図書隊は、そこで、応戦。
そこでの激戦が、延々と続き、自分がそこにいる気分にドップリ。

つまり、流れ弾に当たりそう!!(>_<)
撃たれた隊員が、自分の隣に、倒れ込むよう……orz
すぐそこで、血まみれになっている…….

そのとき、笠原(=榮倉奈々さん)は、気づきました。
ミト図書館の皆さんは、すでに、良化隊に屈し
応戦せず、隠れていたことを。

戦いには、巻き込まれたくないものです……
白旗を掲げたり、中立の立場なら
自分は火の粉を避けるというのも、当然でしょう……
戦闘反対!テキにも、家族はいる。(by手塚)
抵抗せず、おとなしく従いませう………てか……orz

しかし、笠原は叫びました。
自分たちの図書館を、自分で守ろうとしないで
図書隊だけ戦って、負傷・戦死?したら、あななたちのせいだ!と。(>_<)

↑笠原に共感する人もいれば、
見殺しにしてでも、戦闘反対だと言う人もいるでしょう。
けれど、あの臨場感のなかで
やらなかったら、やられる(>_<)という状況では
私も、応戦すると思います……


3.命をかけるに値するとは

何はさておき、命は大切です。“地球より重い”
犠牲にしていい命だと、あるはずはありません。


しかし、図書隊のボス(=石坂浩二さん)いわく
図書隊が守ろうとする表現の自由は
命をかけても、守る価値のあるもの――


↑異論もあるかもしれませんが……(汗)
本を、展覧会場に運ぶべく、ミト図書館を脱出した、笠原と堂上が
良化隊の、執拗な攻撃をかわしながら
進もうとする姿は、もはや、本の運び屋ではなく、
彼らこそが、自由を守ろうとする象徴でありました。


あんなに撃たれるなんて……生きていられないと思いました……が
“表現の自由“は銃では死なない――ということでしょう。
(例:『Vフォー・ヴェンデッタ』では、理念は銃では死なないと)




▼▼▼


今まで、当たり前のようにあった大切もの(自由、平和、環境etc.)が
少しずつ、あるいは、突然に、脅かされ
守る必要が、強く生じるときが、あるかもしれません。(今も?)


すごいドンパチは、架空の話であってほしいですが
言いなりに従い、波風を立てないことが、良策とはかぎらないな……
と思いつつ
彼らのホッコリした人間関係(男女?^^;)もありで
大画面で見て良かった一作でした☆


PS:映画のあと、カモミール(カミツレ)茶で、ホッコリしたくなったのは
私だけではないでしょう^^;




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: メーヒラー牧師の言葉。

ご訪問、ありがとうございます。
のちほど....

> 表現の自由について思うことを拙著blogに書いてみました。

メーヒラー牧師の言葉。

表現の自由について思うことを拙著blogに書いてみました。
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア