映画『華麗なる激情 』★C.ヘストンでミケランジェロを見る至福よ\(^o^)/

514J8CTMQ1L.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/13842/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

原題;THE AGONY AND THE ECSTASY
ストーン原作:『苦悩と恍惚』より

ミケランジェロ : チャールトン・ヘストン ←とても魅力☆
教皇ユリウス2世 : レックス・ハリソン


ミケランジェロと教皇――
良きにつけ悪しきにつけ、こすれ合うような二人の関係を軸にして
システィナ礼拝堂の天井画を描いたミケランジェロを
ヘストンの存在感で、生生しく
大きく!熱く!炙りだした作品でした。


ヘストンは、誰を演じても、その人の人生に、肉迫するように見せてくれます。
ミケランジェロも演じてくれて、本当に嬉しい!\(^o^)/


彫刻家:ミケランジェロが、ひょんなことから
教皇から、天井画の依頼を受けます。
(一部では、画家でないミケランジェロに恥をかかせるため?などと言われる)
ミケランジェロも、始めから思うようには描けず
あるとき、描いた絵を、塗りつぶしてしまう……



▼~▼ 内容にふれて雑感です。

▼▼▼


1、酸っぱいワインは捨てろ!


飲み屋で飲んだワインが、酸っぱかったのを指摘したミケランジェロ。
味を確かめた店主は、ためらわず、樽を開け放つ。
もったいないと思いつつ
まずいワインを廃棄した店主の潔さに、ミケランジェロも吹っ切れる。


そして、描きかけの天井画(十二使徒)を、塗りつぶすミケランジェロ。
納得できなかったのは、何故か?
ミケランジェロは、何を、描こうとしていたのか?


天井画の苦労は
姿勢が大変とか、絵の具がしたたる――などというだけではないのが
わかります。


2、アダムの創造


なかなか完成できない天井画に、業を煮やす教皇。
(そのくせ、賃金未払いで、さらに、家賃を請求する教皇 (>_<))
ブラックな環境で、教皇との関係が悪化したミケランジェロは
解雇されたり、逃亡したり……指名手配もされたり……orz


そんなとき、逃亡先の高台で見た空と雲――
広大な自然の中に
ミケランジェロは、神の姿を見た。


雲が見せたのは、『アダムの創造』(←E.T.のポーズ)
それまで、ミケランジェロも、美しい人間社会に生きていたわけでなく
自分も含めて、人間の醜さに、辟易していた部分もあったよう……(汗)
しかし、ミケランジェロが、広大な空に見た神の姿は
怒りや嫌気などネガティブでなく、
喜びや祝福を人間に与えた、ポジティブな存在でした。


神が、自分に似せて、人間(アダム)を創造したのなら
人は、本来、邪悪な生き物などでない。


“アダムの創造“に、自分を含む人類の可能性を託すかのように
ミケランジェロは、再び、天井画製作に打ち込みます。
十二使徒~人間の羅列~でなく、“創世記”をテーマに
ダイナミックに、生き生きと、人物を描いていく――
↑この様子は、心を掘り起こされるような感動があります!


3.仕事で生かされる


そんなこんなで、意欲はあっても、劣悪な環境でのムリがたたって
ミケランジェロは、倒れてしまう………orz


教皇ゆかりの女性(友人)に看病されて、回復しつつあるとき
教皇は、敢えて言いました。
ミケランジェロを生かすのは、愛(看病)ではなく仕事だと。
(注:雇い主である教皇がストレスになっている節はあるのに……(―_―)!!)


気は心。
天井画の完成に向けた意欲が、ミケランジェロに生を吹き込み
彼にしか描けない最高の天井画が、完成していく!


(その後、教皇が瀕死のとき、今度は、ミケランジェロが、
教皇を刺激することを言って、教皇は、思わず、床から起きだして回復。
気持ちは大事です(*^_^*))


▼▼▼


彫刻家ミケランジェロの偉業を、冒頭で讃えながら、
画家としての、彼の苦悩と激情、
彼ゆえの、とてつもない打破の結実に、とても感動しました。


C.ヘストンで、このミケランジェロを見られて、本当に良かった☆(*^_^*)





にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ヘストンが生々しいでしょう。

こんにちは☆

ヘストンの表現力は、見ごたえがありますね

ご訪問、ありがとうございます。



> お久しぶりです。
>
>  生々しくて良いでしょう。当時のミケランジェロの汗と体臭と顔料と生卵が腐った臭いが漂いそうで。
>
>  真田広之氏が写楽を演じた映画にもそんな生々しさを期待しましたが、ただの時代劇になり、おまけにヒロインとの不倫騒ぎが有名になって残念。

ヘストンが生々しいでしょう。

お久しぶりです。

 生々しくて良いでしょう。当時のミケランジェロの汗と体臭と顔料と生卵が腐った臭いが漂いそうで。

 真田広之氏が写楽を演じた映画にもそんな生々しさを期待しましたが、ただの時代劇になり、おまけにヒロインとの不倫騒ぎが有名になって残念。
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア