映画『白鯨』★人vsクジラが“善悪”を背負った海洋スペクタクル☆

41GTJXt9q6L.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/13847/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

原作:メルヴィル
(MOBY DICKは、追っている白鯨の呼び名)


白鯨に片足を食われた、捕鯨船の船長(エイハブ)が
復讐するために、白鯨を追求する――という物語。
シンプルですが、その解釈には、諸説あるのも面白い。
ここでは、グレゴリー・ペック演ずる、エイハブ船長で (^_-)-☆


端的には、人間の船長が“善“で、足を食った白鯨が”悪”――
と言う感じですが
復讐心が、たぎり過ぎの船長のほうが“悪”――という見方もあり。
映画『バケモノの子』では、白鯨は、自分を投影した姿でもありました。


そんなことを思いつつ、映像的には
巨大な白鯨とのバトルは
海洋スペクタクルとしてのエンタメ度大です☆


▼~▼ 内容にふれて雑感です。
▼▼▼


1.船長のエゴ??(―_―)!!

捕鯨船は、主に鯨油をとるために、捕鯨します。
分別ある一等航海士:スターバックは
個人的な復讐心で、白鯨を追う船長に反対します。


白鯨とて、殺されまいと反撃したもの。
本能で行動した動物相手に、そこまでムキになるのは
恨み過ぎ(神の意に背くとも?)だと、諭します。


しかし、復讐の権化と化した船長は
褒美をちらつかせて。船員をその気にさせ
何が何でも、白鯨を見つけ出して、成敗してくれるゾ!と息巻く。


↑その怨念の強さには、足を失った被害者とはいえ
グレゴリー・ペックが船長とはいえ
素直に、善玉とは言い切れない雰囲気が、漂ってきます。


2復讐心は人の目を雲らす?


白鯨を追いながらも、船は、クジラの大群に出くわします。
大漁です!\(^o^)/
クジラを獲ったあとの説明も流れ、
人々の生活のために、必要な鯨油を頂くことへの感謝も、感じられます。


テンション上がる船員たち!
これだけ獲れれば、帰れるゾ!と思うけれど
船長は、大群を前に、早々に引き上げを命じ
白鯨を追う――という、当初の自分目標を続行する。
反論もあるが、無視(>_<)
反乱?も起きそうだが、かわして続行。


さらには、
他の船の船長の息子が、その白鯨に出くわした際
海に投げ出されたため、捜索の手伝いを頼まれたときには、拒否。
人道的にどうなんだーと言われても、拒否。(―_―)!!
“白鯨“と聞いては、追うことのほうが、船長には重要なんです……orz


“捕鯨“という目的の線上では、足を奪われた船長のリベンジに、
同調できたとしても
その“捕鯨“の目的すら、さて置いて、さらには
人道的な支援を、ないがしろにする船長――
復讐心の強さとは、恐ろしいまでに、正しい判断力を奪ってしまうものだ――
と、印象づけられます。


3.白鯨に出くわす!(>_<)

そんなこんなで、一行は、ついに白鯨に出くわす!
船員は、小舟に乗り移って、モリで刺しますが
島のように巨大な白鯨には、モリで突いても、トゲが刺さったようなもの。
かつて、船長が、突き立てたモリも、刺さったまま泳いでいる……


船長は、このときとばかり、白鯨に飛びかかって、しがみついて
モリで刺したり、白鯨と沈んだりして、壮絶に戦います!
しかし……
クジラがどうした――というより、船長は、モリの紐にからまって
死んでしまいます……orz(自爆?自縛?)


船長の死におののいた船員は、引き上げようとしますが
そのとき反対したのが、ナント!スタバ航海士!
船長が、復讐心で白鯨を追うのを、一番、反対した彼ですが
クジラ獲りなら、この白鯨とて、捕鯨すべき!と主張する。


冷静に、業務を遂行しようとする真面目さは、彼ならでは――なんですが
猛り狂った巨大な白鯨は、もはや、捕鯨対象ではないことに、
気づいてほしかった!(>_<)
小舟はもちろん、母船も、メチャメチャに破壊されてしまい
生き残ったのは、皮肉にも、浮いた棺桶にしがみついた人ひとり……


▼▼▼

人vsクジラ――どちらが、善か?悪か?の視点も面白いけれど
喰うか食われるか――の死闘は
善悪をも、しぶきに変えてしまいそう……


ただ、絶対的な“善“を息巻けるほど、
人は、尊大であってはならないと思っています。
自らが、頭(こうべ)を垂れる存在(たとえば神)を、忘れてはいけないし
命を与えてくれる、動植物への感謝も、ですね。





にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア