映画『八月の狂詩曲〈ラプソディー〉』★ひるまないおばあちゃんを♪野ばらが包む


132871_3.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/8333/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

監督・脚本:黒澤明

8月とは、8月9日、長崎に原爆の落ちたこと。
夫を、原爆で亡くした老婆のラストシーンが
とても印象に残る作品でした☆

老婆役の村瀬幸子さんが、本当に素晴らしい!
優しくて、気丈なおばあちゃんですが
優しさとしわの中には、孫たちにも計り知れない
深い悲しみと強い怒りが、潜んでいたのだ……
と感じるのも、切ない……


▼~▼ 内容にふれて雑感です。

▼▼▼


1.オルガンの修理~野ばら♪


夏休みに、おばあちゃん家に来ていた孫の一人が
音の外れていたオルガンを、直します。
直す途中、何度も、聞かれるのが
「シューベルトの野ばら♪」
ついに修理されたオルガンで、いい音で、孫たちが歌ってみせます。
この“完成“した野ばらが、ラストシーンにも、繰り返されます。


2.再会できなかった兄


たくさんの兄弟姉妹とも、疎遠だったおばあちゃんに
瀕死の兄が、ハワイから逢いたいと手紙が来ます。
急に言われても、踏ん切りがつかないおばあちゃん…


私たちは、居なければ居ないで、“不在”の寂しさにも慣れて
暮らしていると思います……
けれど、“昔の人“が、急に近い存在になったとき
とまどいながらも、懐かしさがこみ上げてくると同時に
昔のあれこれも、蘇ってくるようです。
おばあちゃんは、ほかの兄弟のことも思い出して
孫たちに話し始めます。


そして、ついに決心して
夫の命日(8/9)が過ぎたら、兄に逢いにいこうと思った矢先
兄の病死が知らされます。
逢えなかったことを後悔するおばあちゃん……
その背中の小さいこと……


もはや“不在“でなく、心の中で大きく蘇っていた兄に再会できないということは
おばあちゃんに、再び、大きな喪失の悲しみをもたらしてしまった。
おばあちゃんは、息子を、兄と見間違う(呆けた?)だけでなく
原爆が投下されたあの日まで、時間が遡ってしまう。


3.ピカだ!~野ばら♪


雷の音を、ピカ(原爆投下)と思いこんだおばあちゃんは
豪雨の中、傘を差して、(夫がいた)長崎市内へと向かっていた。
それを知り、急いで追いかける、おばあちゃんの子や孫たち。
そこからがイイ☆


おばあちゃんは、あの日、失った夫を
再び失いたくない一心で、豪雨に向かっていったと思います。
(その前に、兄と逢えなかった喪失感が、そうさせたよう)


おばあちゃんの足取りの強さは、
豪雨だろうが、ヤリが降ろうが、仮に原爆であっても
決して、ひるむことのないものでした。(キッパリ☆)
後から続く、子や孫は、次々、転ぶなどして
おばあちゃんには、追いつけないのです。


この“追いつけなさ“に、強い反戦・反原爆メッセージを感じます。
原爆で、一瞬にして、夫を失った悲しみと怒りの深さには
それを、本当に知らない者には、追いつけない……


そして、強風が、おばあちゃんの傘を“おちょこ“にしたとき
♪野ばら♪が、流れました―――
画面のトーンが、不思議な感じに…………………………………


おばあちゃんの魂が、野ばら♪の清らかな歌声とともに
救われる方向へ向かって行ってほしい―と思いました。
おばあちゃんが、ピカを恐れつつも、そこへ向かおうとするのは
夫を想う、強い気持ちがあるから。
激しい雷雨の続く現実世界に、引き戻さなくていい。
孫の優しさも含んだ♪野ばら♪の調べは、祈りを込めて
おばあちゃんごと、昇華させていくようでした。

(私の感想なので、解釈は違うかも…)


▼▼▼


おばあちゃんが、向かって行った長崎市内。
あの日、人間が人間に何をしでかしたのか――


小学校に残る、変形したジャングルジムが
原爆の威力を、残酷に物語っています。




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ヒューマン・人間ドラマ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア