映画『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』★カンバーバッチが時代を越えたホームズを(^_-)-☆

T0020628q.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169264/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。



主演:ベネディクト・カンバーバッチ☆


TVドラマの特別編だそうです。
TVでは、現代で活躍するホームズですが
本作では、オリジナルの時代の事件を扱います。


名探偵ホームズの物語は、“作り方”で、こんなに違うのかと思うほど
色々な“ホームズ“作品がありますが
何と言っても……
カンバーバッチの“当時のホームズ”を、見たいですもんね(*^_^*)


シャーロックの明晰さそのままに、サクサク進むのは
もたつかなくていい反面、置いてかれてしまう場合も……(汗)
いや
カンバーバッチのマシンガンのようなセリフの銃弾に、
撃ち込まれてしまうのも、醍醐味か。^^;


さらに、当時と現代とのツジツマ合わせもしてしまう?^^;


事件は、自殺したはずの花嫁が、蘇って
夫やほかの男を殺しに行く――というもので
不気味さあります……(汗)


▼~▼ 内容にふれて(注!)雑感です。

▼▼▼


花嫁が、夫や男を殺す背景は
社会の“忌まわしさ”でした。


家族(夫や子供)のために、家事をすることを
幸せに思っている奥さんばかりでなく
妻を、家政婦さんや奴隷?(汗)のように思っているような夫には
妻たちも不満がたまってくるゾ、というものです。
(↑コレは、今でもありそうです……(―_―)!!)


殺す(汗)――というのは、スゴイことですが
家事とか夫婦とかいうものは、日々の積み重ねなので
恨みもあれば、積もり積もってしまうのでしょう……
(↑コレは、今でも……(>_<))


それに加えて
モリアーティ教授☆登場!\(^o^)/
滝から落ちて死んだはずなのに、登場 (^_^.)


けれど、居たら居たで
謎も恐怖も、深まります。


そう――
心の“深い“ところに、シャーロックも行かねばならないのです……


ついでに
墓も、深く掘ってしまうのです……(怖汗)


▼▼▼


当時と現代のシャーロックのツジツマ合わせは、うまく行ったのでしょうか?^^;
(しかも、何度も行き来する…)


カンバーバッチいわく、「ご都合主義だ」 ←だったか(―_―)!!
シャーロックいわく、「私は時代を超越する!」(^_-)-☆
………ナットクです(*^_^*)



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア