映画『あの頃エッフェル塔の下で』★愛も悲しみも怒りもそのまま切なく吹き去るような

T0020411q.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/168529/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

原題:Toris souveniers de ma jeunesse 青春時代の3つの思い出
英題:My Golde Days わが黄金の日々

主演:マチュー・アマルリック☆

モスクワからパリに戻ったポールは
パスポートの疑義で、拘束される。
過去のことを尋問され、ポールは、昔のことを思い起こす――


3部構成の前2章「少年期」「モスクワ期」は、
次の「エステル」へのホップ・ステップに過ぎず
恋人エステルへの強い愛と悲しみが、メイン(ジャンプ!)です。
(ポールとエステルの物語は、『そして僕は恋をする』にもあり)


恋の思い出は、甘くときめいて、キラキラ輝きながらも
それが思い出であることに、苦しい陰りを落とすこともあります……orz


アマルリックは、可笑しみと悲しみが絶妙な俳優さんで、好きです。
ラストシーンのやるせなさがたまらない……


▼~▼ 内容にふれて雑感です。

▼▼▼


パスポートの件は、若い頃、若気の至りで
ソ連から亡命しようとしたユダヤ人に、あげてしまったからです!
子供の頃も、母の自殺などあり
複雑な事情があったとわかります。
人一倍、確かな愛を求めていたのかも――などと思います。


人類学を専攻したポールの学問的意欲もあり
彼は、地元を離れて、パリで学生生活をし
終末に、地元に帰り、恋人エステルと逢うー遠距離交際を続けます。


彼らの尽きせぬ恋心は、愛の言葉に埋め尽くされた
便箋にしたためられます。けれど
すべて投函できたわけではないのも、ミソ。
手紙は、今、この想いを吐き出すべく、綴りますが
すぐに届くわけではないから、書いて終わってしまう“不発便“もある……orz


逢いたくて逢いたくてたまらないのに、逢えないのは辛すぎて
どうにかしてほしくなってしまう――と、どうなるか……
“心の隙間“を埋めてくれるモノに、なびいてしまうんです…(―_―)!!
浮気?――と言えば、そうなんですが(>_<)
求める吸引力が強すぎると、ほかのモノを引っ付けてしまう……orz
しかも、二人とも…(―_―)!!


ポールとエステルは、お互いに、すごく愛しているはずなのに
二人とも、ほかの人とも(愛に関係なく)近い関係になってしまうんです。
でも、本命はお互い同士だから、離れたり付いたりして
月日は、過ぎていきます。


邦題がらみでは、エッフェル塔の見えるベンチでの
睦まじい二人――あのときが一番いいときだったね、ということです。


そうして、何十年かたってから
ポールは、偶然、旧友と再会する。
たわいない話でよかったはずなのに
ポールは、かつて、エステルと浮気した彼に、言っておきたいことがあった!
(旧友は妻同伴なのに(>_<))


それは、彼にだけではなくて、今さらではあるが
自分とエステルとの関係が、ついには満たされた顛末ではなかったことへの
爆発的な怒りと悲しみという、愚痴の集積であった……orz


ポールは言う。
「本当の愛は友情には変わらない」  名言だ……
そして
「愛も悲しみも、怒りも、そのまま」だと――


この“怒り“の気持ちは、悔恨と言うべきでしょうか。
浮気した相手にでも、去ったエステルにでもなく
愛する人を留め置けなかった自分自身への、ふがいない怒りですよね……


そして、ラストシーンが、とても、切な苦しくてイイ☆
町を歩くポールに、風が、何枚もの手紙を、吹雪のように散らす。
拾い集めるポール。
しかし、とてもすべてを拾えない……


その手紙は、おそらく、お互いに投函できなかったのも含めた
彼らふたりの、真の愛をつづった、すべての心。
それが、怒涛のごとく、降りかかっても
すべて受け取ることなどできず、手紙は、後ろへ吹きやられていく――
↑ココたまらん!


ああ、どんなに愛しても、失った人は、もういない――
どんなに愛しても、あの想いを、“生で”留めておくこともできない――
時は、風のように、流れていってしまうだけ――
「そのまま」の想いは、はかなく、自分が思い返す思い出にしかないのだ――

(解釈違ってたらご容赦)


▼▼▼

ひょんなことから、過去を振り返った男の
一途な恋の物語を
アマルリックが、絶妙に、甘辛く魅せてくれました☆

邦題の『あの頃――』という振り返りも、切なくてイイ(^_-)-☆






にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア