映画『彼岸花』★娘の幸せな結婚を望む“母”の意地と“女”の爆発


81HFVn9qs4L__SL1378_.jpg

作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/11498/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


原作:里見弴(さとみとん)
監督:小津安二郎
妻&母:田中絹代☆


「娘の恋愛結婚に反対していた父が
母の取り成しで、認めてくれる――」


↑と言うあらすじに、なるようなんですが
私は、冒頭の、他人の結婚式での、父のスピーチが
いや、“夫”のスピーチが、心にグサッと刺さってから
妻役の田中絹代さんの表情と存在が
ものすごく気になった作品となりました☆


▼~▼以下、内容にふれて雑感です。

▼▼▼


冒頭の他人の結婚式で
夫は、こんなスピーチをする。
「相思相愛のお二人は、真に羨ましい。
我々は、決められた結婚で、そんなもの(愛)などなかった…云々」


恋愛と結婚は別だ、とか
愛がなくてもそれなりに、結婚は、やっていけるとか――もあるだろう。


夫婦とは、色恋で始まっても
段々と色褪せて、戦友のような絆でつながる関係になるもの――かもしれない。


ラブラブな新郎新婦を前に、古夫婦が、ノロケルことは無いけれど
我々夫婦は、始めから、ラブのない“殺伐夫婦“でしたーと
人前で言うとは……orz


妻役の田中絹代さんは、それで、色を失うわけではなく
妻の顔で、祝福の席に居るが、
女としては、胸中ただならなかったと、思ってしまう……


“愛なんて初めからなかったし、今も、きっと、自覚の中にはない”
と、夫は言っているのか?


妻は、夫が帰宅したら、出迎えて、着替えを手伝って、
食事を用意し、風呂をわかすー
娘も育てて、“幸せ“な家庭を守る母や妻の役目を
日々、担ってきたー


↑ソレでいい――と言われれば、そうなんですが…(汗)
今更、愛とかラブなど、意識するもんじゃない?
ずっと愛されていたいなどと思うのは、私の“甘え”なんでしょうか……(―_―)!!


夫は、娘を想うあまり
自分のメガネにかなった男を選ぼうとして
娘に、恋人がいたことが赦せません。(>_<)


けれど、母の(妻の)静かな表情の中に
このとき、私は、“女の意地“を見たのです。(キッパリ☆)


娘には、相思相愛のラブラブ彼氏がいる。
夫は、人の結婚式で、そんな二人が羨ましいと言ったではないか!
私たちの結婚には、愛がなかったとまで、言ったではないか!
私たちにはなかったラブラブを、娘は身に浴びて結婚できるのが
夫の希望じゃなかったのか!??


「矛盾してるワッ!!」
妻は、ついに爆発する!


妻は夫に従順であるべきー―と思っていたかもしれない夫は
生意気だと言わんばかりに、妻の態度に憤慨するが
そんな夫の“矛盾“など
妻の、女の情念が言わせる恫喝の炎の前には、フッとかき消されますヮ…
フッ…


女の運命を懸けたような母の取り成しと
親友のひと芝居もあって、
娘は、恋愛結婚を父に認めてもらえる。


妻の顔が、母の安堵した表情になっているのが
印象に残る。


▼▼▼


ちなみに、彼岸花の花言葉は―
『情熱』『独立』『再会』『あきらめ』『転生』
『悲しい思い出』『思うはあなた一人』『また会う日を楽しみに』etc.
どれも、あてはまりそうな内容でした。^^;


愛がなくても、それなりの結婚生活ーなんて、私は、思いたくない。
『あきらめ』はイヤ。
『情熱』をいつまでも感じていたい。(照)
『思うはあなた一人』←最高でしょ☆(^_-)-☆




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 万葉集の時代。

>  万葉集や百人一首には激しい恋の歌があるのに、激変するのは江戸時代と明治です。

ミカエルさん、こんにちは☆

恋は神代の昔からーーと言いますね...
万葉の昔も。

万葉集の時代。

 万葉集や百人一首には激しい恋の歌があるのに、激変するのは江戸時代と明治です。
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア