映画『サウスポー』★ドン底から光へ導くトレーナー:フォレスト最高☆!

T0011449q1.jpg

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169573/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


主演:ジェイク・ギレンホール(=ビリー・ホープ)
トレーナー:フォレスト・ウィテカー☆



ボクシングの元チャンピオンの復活劇です。
ポスターのジェイクから、ものすごい哀愁と強さを感じたので
気になって鑑賞しました☆


前半は、チャンピオン:ビリーを襲った“悲劇”です。
それは、お気の毒な事件ではあるのですが
どうも、ビリーの不幸がしっくり来ない……


――と思ったら、それも展開の一部。
娘の一言が、その違和感を明らかにしてくれたあと
フォレスト・ウィテカー☆の出番で、後半、盛り返しました!


▼~▼ 以下、内容にふれて雑感です。

▼▼▼


悲劇の始まりは
ビリーの妻が、銃で撃たれ死亡したことです。
チャリティー会場で
某ボクサーの挑発に乗って、喧嘩を始めたビリー。
そのドサクサで、相手の付き人が撃ったらしい銃の犠牲になった妻。


妻を失った悲劇は、ビリーをボロボロにさせてしまう。
ファイトするったって、気持ちがついていかなければ
試合にならない。
ついでに、怒りで不安定なビリーは、レフェリーに頭突き!をしてしまい
処分を受けてしまう!選手生命も生活も、もうガタガタ!(―_―)!!


さらに、自暴自棄になったビリーは、自宅前で、
車で自爆して、娘に救急車を呼んでもらうことに(>_<)
ボロンボロンになったビリーに、裁判所は、親権を停止し
娘は、施設で養育されることになる。


始めは、ビリーに面会していた娘も
やがて、面会を拒否。
ビリーに「パパがヘマをしたんじゃない!」と
キツイけれど、ど真ん中なことを言う。


妻を失った悲劇の男が、ボロボロになった――わけですが


――もし、ビリーが挑発に乗っていなければ、事件は起こらなかった――
悲劇は、ビリー自身が防げたかもしれないことを、よく受け止めていないから
その後も、ボロボロぶりが止まらず、加速・転落してしまったー


娘は、そんなパパに、怒っていたようなんですが
後に、ビリーのトレーナーになったフォレストの言うことがいい。
「娘に憎ませてやれ」


憎んだーとしても、それは、愛情の裏返しだから。
パパならきっと、ヘマから立ち直ってくれるのを信じているから。


フォレストが、トレーナーになってからのシーンが好きです。
温かくて包容力のあるフォレストだから
安心して、トレーニングに打ち込める感じが伝わります。
ビリーからも、再起の闘志がみなぎってくる!


ファイターとして立ち直ることは、元チャンプという、
プライドや生きざまよりも
娘との生活を、確かなものにするため。
(子供のためならがんばれるゾと!)


復帰のチャリティ戦に臨んだビリーの相手は
妻が亡くなった際に、挑発してきたボクサー。


――もし、挑発して来なければ、妻は死なずに済んだ――


ビジネスと割り切って臨んだ試合でも、蘇る想いはあるだろう。
しかし、怒りに任せた、攻めのボクシングだけでなく
トレーナー=フォレストから、ディフェンスも学んだビリーは、
叱咤に応えて奮闘する。



やはり、ビジネスとも割り切れない二人は、感情的になりつつ
血しぶきと汗にまみれながらの死闘を、繰り広げます。


モニターで応援する娘も、パパの姿、観ちゃおれん!(>_<)
そして、繰り出すビリーの、渾身の一撃!


▼▼▼


ドン底から這い上がる物語は
励まされながら、共感できるので良いです。


ドン底から這い上がるときは、もちろん、自分自身が
苦悩から脱皮できるように、頑張らなければならないのですが
そのとき、大切なのは
神のごとく、光の道に導いてくれるトレーナーの存在☆


ジェイクも頑張ったけど
フォレスト☆最高!!\(^o^)/


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア