映画『セトウツミ』★ 池松&菅田の絶妙な放課後ダべリング

T0020360q2.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/168391/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


高校生男子ふたりの放課後ダべリング。
内海:池松壮亮☆ (塾に行くまでの暇つぶし)
瀬戸:菅田将暉(サッカー部やめての暇つぶし)
この二人の絶妙なやりとりが、小気味よく面白い!


季節が移ろいながら、幾つかのエピソードで構成されます。


漫才を見るような、掛け合いも楽しいですが
“放課後“は、やっぱりちょっと、切ないんですよ……


▼~▼ 以下、内容にふれて雑感です。

▼▼▼


放課後、川辺のダべリングにあたり
内海の言うことが、まずイイ。
(熱血部活でなく)
「この川で、暇をつぶす青春があっても、ええんちゃうか」


学生時代=青春=部活という図式があるとすると
勉強も恋愛も、そこに乗っていないと
青春おちこぼれみたいな感が、ありますよね……(汗)。
血と汗と涙の部活青春に、恵まれた人はそれで良し☆
けれど、セトのような場合もあるし……


学生時代は、勉強に部活にアソビにと
色々忙しい。(>_<)
それが青春だ!若いんだ!と言っても、疲れます…
ホッとする時間が欲しい――多分、ウツミの気持ち。


一人で、ぼーっとする“休憩“もいいけれど
ウマが合えば、くだらない話をするのは楽しい☆
教室で、しゃべるのと
放課後、川辺に腰かけて、ダべるのは
心の開放度が違うハズ。(経験ありません?)


“放課後“という特別な時間は
心を許せる相手とだけ、話したい感じです。
(で、心が緩んでるところに
怖い先輩が、恐喝・脅迫してきたりもする…(>_<))


ノー天気なノリの、セトだけど
彼の環境も、軽~いばかりでなく
余命短いという、ペット猫ちゃんや
その猫のエサが原因?で、離婚すると言う両親や
お婆ちゃんを捜して徘徊するお爺ちゃん――という
家庭環境の重さ?も、見せてくる。


あるとき、セトは
毎日カレーが続くユーウツを、ウツミに嘆く。
すると、ウツミは
「夕飯が出るだけいいじゃん」と言った――


それまでウツミのイメージは
裕福な家の坊ちゃんで、優等生的なクールな子――
だったのだが
このときに、ウツミのクールは
寂しさのクールだったのかな、と感じた……


それは、
“クールな優等生”を、池松さんが演じた理由のようでもあり……
(池松さんの、何か抱えている青年像、好きなんです^^;)


そんなウツミには、セトとの放課後は
貴重な時間=“青春“だな~と、強く思えてくる。
(敢えていえば、そこのみにて光輝くーーと言うか^^;)


そうして、季節が移り、エピソードを重ね
ヘンテコな誕生日祝いも、“放課後“にする。


そして、いつまでも、二人の放課後を見ていたくても
作品は、終わっていく――――


▼▼▼


大人になると、こんな時間もないし(大人のアフター5と放課後は違う)
そんな話も、しなくなる……


自分を思うと、もっと青春らしい過ごし方があったんじゃないか…
自分には、青春らしい青春はなかった…orz
と思う“フシ”が、ありましたが……^^;


汗と涙のがむしゃらな青春もいい。
けれど
ウツミとセトの放課後ダべリングも、イイ時間に思う。


それも、青春だ☆(^_-)-☆



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア