映画『ジャングル・ブック』★モーグリ少年のたくましさに元気をもらう(*^_^*)

T0014689p.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/168780/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

原作:ラドヤード・キプリング

子供の頃、東京の祖母の家に、泊まりに行ったとき
朝、叔母が新聞で、
アニメ映画『ジャングル・ブック(1964)』の上映時間を見てくれて
その日すぐに、映画に連れて行ってくれました。
(思い立ってすぐに映画館に行かれる東京の利便性が、思い出^^;)

時折、作品のことは思い出すのですが
狼に育てられたモーグリ少年は、どうなったのかが曖昧で
赤い花(=火)、錦蛇のカーetc,が、断片的な記憶で
今回、CGのジャングルも素晴らしいということで、鑑賞しました☆


▼~▼ 以下、内容にふれて雑感です。(ネタバレ?)

▼▼▼


1.動物でないモーグリ


人間は動物の敵―と思っている虎(シア・カーン)のせいで
モーグリは、狼の群れを離れることになります。


その前に、風のようにビュンビュン走って
野性児☆モーグリ☆のたくましさを、存分にアピールしてくれますが
“二足走行“の人間走りでは、限界も感じつつ……orz


人間の村に向かう旅をするつもりで、
その道中の“冒険“が、ドキドキワクワク\(^o^)/
――と言うか、モーグリは、ジャングルに居たいのが本音…^^;


2.ジャングルの掟(*^_^*)


川の水が干上がって、目印の岩が見えたら
水辺での争い(捕獲・肉食)は禁止☆という掟あり。


普段、食うか食われるか(>_<)のサバイバル生活をしているとはいえ
水のない時期は、お互いに生き延びることを優先する――
肉食獣も、断食……


時に、掟や約束なんか関係ないーというゲスな人いますが(汗)
その一線を越えたらダメ!という掟は
守ったほうが、良いですよ。(仁義とも言う)
(子供もお約束を守る教訓に(*^_^*))


3.道具を使うモーグリ


人間のモーグリは、手が器用に使えるし、知恵もあるので
狼の兄弟は使わない“道具“で、水を飲む。


けれど、狼の子として育てている“親“は、モーグリを狼と同じに扱いたい。
モーグリには、道具の使用を禁止している。
ムラで浮かないためには、横並びも大事ですからね。
出る杭は打たれて、仲間外れにもなる……


一方、道具使いのお陰で、熊のバルーのために
蜂の巣を取ってあげることが出来、イイ間柄になる。
(バルーは、モーグリが、蛇のカーに食われそうなところを助けてくれる)
このバルーが、とぼけたところもありの
フトコロ深い存在で、心強い!


CGは、熊の毛並のリアルさも見事ですが
皮膚が、バルンバルン揺れる感じも、生生しい^^;


バルーは、冬眠に備えるふりして、
ちゃっかり、モーグリに蜂の巣を取ってもらうの。
本当は、冬眠しないのに……^^;


4.赤い花


人間の究極の道具=火=赤い花☆
(オランウータンの親玉も、赤い花を持つことで
強い権力を、得られると思っていた)


獰猛なシア・カーンですら
昔、“赤い花”で、痛い目に遭ったと言う。


ーグリは、迫りくるシア・カーンに、“赤い花“で対処しようとする。
(と言っても子供ですよ!)
しかも、火を振り回すという小ワザでなく
もっと大きな、烈火の花束のような“赤い花”で応戦!


“枝折れ“のシーンは、冒頭が伏線になっていて
シア・カーンとの闘いの、ココゾ!というシーンで、魅せました!
燃え盛る“赤い花”も、圧巻!

人間の村に帰るはずのモーグリは
本作では、ジャングルで生きることを選びました。
天敵の虎:シア・カーンを葬れば、怖いものなし!(^_-)-☆


▼▼▼


敵もいるけれど、基本、愛情に包まれて、
少年が、ジャングルで、強くたくましく、生きている!
もう、それだけで
元気をもらえる作品です。(^_-)-☆



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア