映画『ブルックリン』★回り道すればこそ知る身も心も帰るべき場所

T0014005q.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/169529/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


1950年代のアイルランド。
エイリシュは、仕事と夢を求め、つてで
アメリカ:NYのブルックリンに渡航する。


アイルランド系移民の、多い地区に住んだとはいえ
エイリシュは、ホームシックになりながらも
仕事を得て、やがて、恋人もでき
入籍もする。


そんな折、故郷で、姉が急死。
エイリシュは、帰郷する――


故郷を離れたことのある人には、自分を重ねながら
結局は、タイトルどおり
ブルックリンの夫の元へ戻るんだよね……と思わせつつ
微妙な女ゴコロが、見どころなのでしょう。(^_-)-☆


▼~▼ 以下、内容にふれて雑感です。

▼▼▼


1.故郷(田舎)の閉塞感


田舎にいると、都会に憧れます。
(例:吉幾三さんの『俺ら東京さ行ぐだ』)
幼馴染もいるけれど、仕事も欲しい。


エイリシュの田舎は、
意地悪な雑貨店の女主人ミス・ケリーが仕切っていて、
お客は、売って頂いている状態。
(『大草原の小さな家』のオルソン夫人と似ている)


このミス・ケリーが、田舎の重苦しさの象徴のようです。


2.ブルックリンへ


不安と期待を秘めながら、船でわたるエイリシュ。
(船でのことは伏線となって、あとでまた
彼女の経験値を見せることになる)


慣れないうちは、ヨソモノだけど
軌道に乗って、若さの柔軟性で
都会の海をうまく泳げるようになると
都会は、快適な場所になる。
(故郷の姉との文通も、心強い)


そんなある日、エイリシュは、恋に落ちる。


お互いのこと(過去)を知りたいと思いながら
若い二人の視線は、ともに歩む将来にある。
二人は、入籍する。


3.帰郷 ←ミソ☆


そんなある日、姉の急死で帰郷したエイリシュ。
哀しくも、久しぶりの懐かしい故郷☆


その時、帰郷者の目に映るのは、“今”の風景ではない。
むしろ、昔の思い出の故郷を見ていると言っても
過言ではない。


懐かしむとき、過去には見出せなかった“良いコト“を
心のどこかで、今、探そうとはしないだろうか。
やはり、故郷は自分にとって、良き場所であってほしい…
(離れていれば美化もされる)


だからなのか、時間を巻き戻したい気持ちなのか
エイリシュは、自分がすでに人妻であることを
誰にも言わず、旧友と、昔以上に楽しく過ごしてしまう。


けれど
自分だけが、過去の自分に戻ったような気分でも
ずっとそこに住む旧友たちは、昔でなく今に生きている。
(年頃の青年は、ソノ気にもなる)


そのギャップを、エイリシュはどうするのか?と思っていると
例のミス・ケリーが、やってくる。
地獄耳の彼女は、エイリシュが人妻だと知っていたのだ!


そのとき、エイリシュは目が覚めた。
ノスタルジックな夢から――
懐かしくも美しい故郷という願望から――
(まさに、古里は遠きにありて思うもの…)


4.再びブルックリンへ


人妻エイリシュは、当然、夫の元へ帰ります。
その再会とも言える帰宅シーンが、また、意味深☆
(ポスターにもなっています)


彼女が、一目散に夫の元へ駆け寄る“演出”でなく
一息の間を置くように、壁を背にして立ってみせます。


それは、
今までの人生を、ちょっと俯瞰していたかのようでもあり
ひととき、独身のふり?をしたことへの気の咎めのようでもあり
改めて、この人と人生を始めるのだと言う覚悟のようでもあり…
複雑な女ゴコロを、言い表すのは、ムズカシイ…


けれど、夫の元に駆け寄ったエイリシュは
文字通り、身も心も彼に飛び込んでいたはず。
心のどこかにあったかもしれない、
懐かしさとも違う、故郷への“引っかかる想い”は
もう、吹っ切れていたと思うから。


彼女は、ブルックリンにではなく
愛する人の元に、帰ったのだ!


▼▼▼


人生をともにする――
そんな人と出逢えた街―ブルックリン―


そして、
そのことが本当に意味するものを
改めて、噛みしめることが出来た街――


私は、人生を預けられる愛のあるところへ帰る――


回り道すればこそ、本当に見つかる。
身も心も、丸ごと自分の帰るべき場所☆



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア