映画『ジェイソン・ボーン』★vs.BOSSとカーチェイスとCIA美女☆

T0012770q.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/169106/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。



主演:マット・デイモン
CIAのBOSS:トミー・リー・ジョーンズ
CIA美女(ヘザー・リー):アリシア・ヴィキャンデル



記憶を失くした暗殺者―と言えば彼のコト☆
ボーン再臨★!というだけで嬉しー(*^_^*)


今回は続きですが、今までのコト知らなくても
楽しめます。
・CIAに追われるボーン ←基本形。
・過去がつきまとうボーン ←ドラマ部分


今回、寝た子(ボーン)を起こすのは旧友:ニッキ―。
ボーンが、彼女と追われることになる序盤は
画面揺れまくりです^^;


が、この“揺さぶり“のプロローグのあと
再び、ボーンをCIAや過去へと焦点を合わせていきました。


今回、CIAのBOSSもヘザー・リー☆も良かったですが
特にヘザー・リー☆注目でした!


▼~▼ ネタバレして雑感です。

▼▼▼


個人情報だ、セキュリティだと言いますが
CIAには、情報はダダ漏れなんですよね……(汗)
誰がどこにいるか、筒抜けです……


CIAの役に立つなら、利用されますが
都合が悪いと判断すれば、消されてしまう。
その変わり身は、紙一重…(汗)。


BOSSも部下も、国(USA)のために“仕事“として
ボーンを追いますが
やがて、“ネジレ“が生じてくるのがイイ☆


ボーンに恨みを持つスパイが
BOSSの指示のもと、ボーンを消しに行くとき
ヘザーの部下は、逆に、そのスパイに殺される……
ヘザーは、ボーンを“生け捕り“にするつもりだったことが
BOSSには甘いと判断される。


のみならず、BOSのやり方に同意しかね
ボーンの入国をも、陰で援助したヘザーを
BOSSは、抹殺しようともする。
(CIAは怖いトコロ……)


ちなみに、アクションの見どころは
スパイとボーンとの追いつ追われつする
カーアクションです。
ここもスピード感★ブレまくりです^^;。


ヘザーが、ボーンに味方して
彼を、生かし逃がすだけでなく
CIAに戻したい、と思い始める展開が好きです。
(いろんな意味で、これだけの男を殺すのはもったいない)


ボーンには、父の過去のこともあり
CIAにはうんざりかもしれないけれど(汗)
そんなCIAだったからこそ
リニューアルが必要ということもある。


旧態依然としてしまうと
本来の理念が拡大解釈されて
悪習が常態化し、雪崩れるように
暴走してしまうことありますよね。(汗)


ヘザー・リーの凛とした姿は
冷静であっても、冷酷ではない
正義を感じさせるものでした。
良かったナ~☆


ボーンが、もしももしも、CIA長官になったら……?
オモシロそうですが
活躍は、できるんだろーか…….(―_―)!!


▼▼▼


ひとまず、これで終わりかもしれませんが
今まで外で逃げ回っていたボーンが
今度は、中からCIAをブッ壊すような
「ボーン・リボーン(REBORN)」もあれば
観たいです!(^_-)-☆



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア