映画『無限の住人』★三池流:斬りまくり時代劇風ファンタジー

T0020490p.jpg


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/168728/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。


監督:三池崇史

万次:木村拓哉
天津影久:福士蒼汰 ←仇!
尸良(しら):市原隼人 ←敵!

不死身の侍:万次は、
親の仇討ちを、心に誓う娘の用心棒となります。

アニメの実写化ですが
三池監督の“エンタメ世界観”に期待して、鑑賞しました☆

不死身の男への期待は
斬られても斬られても、とにかく死なないこと。
(手首は何度も何度も!切れてはつながる←エグイ)
テキを斬って斬って、斬りまくる“殺陣”に
ウワッと思いながらも、
鬱憤を晴らすというか……
作品の醍醐味というか……(^^♪


▼~▼ 内容にふれて雑談です。
▼▼▼

誤って、真っ当な役人を斬り殺した過去を持つ万次。
瀕死のそのとき、現れた老婆から、不死の“虫”を注入される。

それは、救済でもあり
死ぬことを許されない
永遠の贖罪のようでもありました。

(万次が命果てても、残された役人の妻は、気がふれて
路頭に迷うだけなので、妹として面倒を看ることになるが
その“妹“も、殺される)

永遠の命への憧れは、若い時にはありましたが
絶対死なないことも
“無限”地獄かもしれません……

万次は、死ななくても、痛みは同じにあるので
虫が治すまでに悶絶する。
それこそが、生きる痛みのよう。

けれど、万次の場合、今、自分の生きる目的が
生存本能だけでなく、自分が生きていなければ
娘を守れないから、という使命があるのが良い。

究極、人は、本能と当時に
誰かのために、生きる自分を生かしているのか……

娘が旅をするのも、親の仇を探すためで
そのための人生のようにもなっている。

一方、仇と思っていた天津は、
娘の曽祖父を仇と思っていたことを、娘は知る。
人の善悪は、あざなえる縄のごとしか……

天津=福士さんは、悪役でも“わけあり”ということで
イケメンぶりが、生かされたよう…

などと、情にほだされて、討ち損じてしまうと(汗)
やられてしまいそ!(>_<)
最後まで、油断禁物!

新選組のような福士さんの衣装も
血まみれに……orz

血まみれと言えば、
斬って斬って、斬りすぎて…
血糊で、足元がヌルっとすべるシーンですよ!
生生しさが、エグすぎる!(いい意味で)

万次と、対峙する人たちの中で
尺良こと市原隼人さんも、外せません。

万次とも天津とも、敵対します。
市原さんのチンピラ的な凄み☆好き(^^♪

役柄も、彼は、武士ではなかったような……
(刃物を振り回すけど)
最期も、武士の終わり方ではないような…
(滝川に転落…)

▼▼▼

死なない(死ねない)主人公は
哲学的な訳ありを醸しつつも
安心して、見ていられます。

終盤、“虫“の力が弱まって
虫の息になりそうな万次ですが
それもある意味、人間らしい。

斬って!斬って!の壮絶な虚無のあとに
ふっと笑えるエンディングも、良かった(^_-)-☆


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無限の住人

伝説の人斬りと呼ばれていた万次は、罠にはめられ妹を亡くし、生きる意味を失ってしまう。 ところが、万次は謎の老婆から無理やり「永遠の命」を与えられる。 斬られた傷は勝手に再生し、死にたくても死ねない「無限の体」になってしまったのだ。 永遠の時をただ孤独に生きる彼の前に、親の仇討ちをしたいという少女が現れる…。 アクション時代劇。

「無限の住人」:単調なチャンバラで飽きちゃう

映画『無限の住人』は、かなり血生臭い141分。日本刀の戦いって、基本的に非常に切

無限の住人

 『無限の住人』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作の原作漫画を以前に半分くらい読んだことがあるので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の最初の方では、切り合いがあって人が倒れた後、主人公の万次(木村拓哉)が妹の町(杉咲花)を見ると、町が「兄さ...

『無限の住人』

□作品オフィシャルサイト 「無限の住人」□監督 三池崇史□脚本 大石哲也□キャスト 木村拓哉、杉咲 花、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、市川海老蔵■鑑賞日 5月13日(土)■劇 場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感想>三池監督、少々お疲れかな(笑)昔から好きな監督の一人だけに、やや食傷気味メチャクチャ人を斬るくだりは、自身の映画、『十三人の刺客』のときに...

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア