FC2ブログ

映画『オリエント急行殺人事件』★列車に乗り合わせた気分でミステリーにGO!

T0022061p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/171734/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・ポアロ:ケネス・ブラナー  監督も
・ラチェット:ジョニー・デップ☆

初見の方は、犯人さがしが楽しめます。
1975年公開作品や原作などで、犯人はわかっていても
オリエント急行に乗り合わせた気分が、楽しめます。

豪華キャストーと言われますが
この作品は、一人ひとりが、重要だから(^_-)-☆
その人物たちから発せられる、説明できないオーラこそが
事件の根の深さを、物語ると思うので。

▼~▼内容にふれて雑談です。(ネタバレ▽要反転)
▼▼▼

オリエント急行に乗り込む前に、ポアロ像の確認。
彼は、面倒な人?
食事に出された、2個の卵の高さが、同じかどうか…
右足でフンを踏めば、左足も踏んで、バランスを取る…
(右足拭こうよ…)

きっちり?することにこだわる彼は
この世は善と悪であって、グレーゾーンはない、と言い切る。
(このような割り切り方は、司法関係には、必要かもナ)

そんな彼が、冬には空いているはずの、オリエント急行に乗り込む。
けれど、彼が乗ったとき、“なぜか“満室。
(彼の言葉で言えば、列車は混んでるか空いているかだ、かな…)

(ちなみに、乗客のペネロペ・クルスは、
原作のスウエーデン人には合わないので
『ポアロのクリスマス』からの、スペイン女性を拝借したのかも)



乗車まもなく、ラチェットが、ポアロに護衛を依頼する。
彼は、命を狙われるほどの男なんですが
ジョニー・デップが、ヒトクセあるイヤラシサを、惜しげもなく匂わせる!
(ジョニーは、、色男を匂わす一方で、下心的に
ナニ考えてるかわからない不気味さも、匂わせるのが、イイゾ!)

そして、列車が、雪山を疾走するスピード感が良い!!
いよいよ、ミステリーが加速していくムードUP!
スピードに、胸高まっていると、雪崩が!!(>_<)
列車は、脱線し、立ち往生!!

そんなとき、めった刺しにされたラチェットが、発見される―――

▽要反転▽


ラチェットは、昔、少女殺しをした犯人。
乗客全員が、少女の関係者で、全員が復讐を遂げた犯人です。
主犯(というのは忍びないが)は、
少女の祖母だったミシェル・ファイファー☆

このミシェルが素晴らしい!!!
美しい熟女として振舞っていたけれど、真相が明かされたとき
ウイッグをはずし、老女の風体を見せる。
それは、まさに、真実の姿を見せた!と言う印象で
真実=本心、つまり、どれだけ、孫の死とその周辺で起きた悲劇を悲しみ、恨み
犯人が野放しになっていたことが許せなかった、ということが、
風貌で、見て取れる。

人殺しは悪いーのは、わかっている。
ポアロが、善と悪しかないーというなら、
1番悪いのは、ラチェットということ。

ケネス・ブラナーは、きっちりしてそうで、ユルいムードもありますよね。(^^♪
(例:ハリポタのロックハート先生)
この事件の収め方は、“柔軟性“あって納得です。。

▽▽▽
▼▼▼

オリエント急行に乗り合わせた気分は、
食堂車で、優雅に味わいつつ
上からの視点で、物語を、客観的にサクサク俯瞰する――

面白い作品は、何度も見たくなるように
1975年の作品も、また観たくなりました☆


Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『オリエント急行殺人事件(2017)』('17初鑑賞135・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月8日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。 2D:字幕版。

オリエント急行殺人事件

2時間ドラマにはやっぱり崖 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/orient-movie 原作: オリエント急行殺人事件 (アガサ・クリスティー著)監督・主演: ケネス

オリエント急行殺人事件

トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、富豪ラチェットが刺殺された。 車両に居合わせたのは、共通点といえば目的地のみというさまざまな境遇の13名。 そして、もう一人乗り合わせたのが、“世界一の探偵”エルキュール・ポアロ。 列車という密室で再び殺人者が人を襲う前に、彼は事件を解決しなければならない…。 ミステリー。

オリエント急行殺人事件

 本作は、アガサ・クリスティの有名な推理小説(1943年)を実写化したものです。同推理小説は、1974年にも実写化され、またイギリスのTVドラマ『名探偵ポワロ』の中でも取り上げられています。ですから、ストーリーはよく知られているとは言え、ジョニー・デップなどの著名俳優がたくさん出演して描き出される本作を見ると、やはり映画に引き込まれます。ただ、雪崩で停まってしまった列車の中は明かりがなく...

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

marrさん、こんにちは☆

結末は知っていても、見てみたい作品はありますよね。
オリジナルも見返したくなります♪。


> オールスターキャストですね。
> 原作が有名すぎるんでどんな演出で楽しましてくれるか楽しみです♪

No title

オールスターキャストですね。
原作が有名すぎるんでどんな演出で楽しましてくれるか楽しみです♪
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア