映画 『15時17分、パリ行き』★テロ列車に乗るまでの描写あればこそ!

T0022723p.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174934/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

監督: クリント・イーストウッド

実際にあった、列車テロ事件だそうです。→参考
果敢に、犯人に挑んだ青年3人が出演!とのことで
迫真の“テロ抑え込み”作品―かと思いきや
(それもありますが)
それだけのはずがなかった!

たまたま乗り合わせる列車には、それぞれ人生いろいろ。
3人の青年も――

▼~▼内容にふれて、ほぼ雑談です。
▼▼▼

アムステルダム発パリ行きの列車に乗る人たちが
持ち込む大きなボストンバッグや、キャリーバッグが
映し出される。
飛行機と違って、厳重なチェックもなく、乗り込むのに
危険を感じさせます。

そして、トイレの長い男が、銃を携えて出てくるや否や
車内は、パニックになる――

まず、果敢に立ち向かったのは、
軍人のスペンサー。
――と、場面は、彼らの幼少期に変わり
スペンサーを中心に、“それまでのこと“が語られます。

幼少期の3人は、悪ガキ3人組という感じですが
今となっては、ご愛敬でしょう。(^^♪
スペンサーは、人の役に立ちたいと思い
海兵隊のレスキューを志願するも、不適格で
別の部署で、軍務に就く。
~中略~   ←案外、目が離せない(^^)/
大人になって、離れ離れになるも
任務が一段落した友人に合わせ
3人で、ヨーロッパ旅行を計画する。

アノ列車に乗り込む前、イタリア(ローマ、ベネチア)の風景は
旅行気分で楽しい♪
パリ行きは、迷いもしますが
“運命”を感じながら、アノ列車で行くことにします。

さて、テロリストは、殺傷効率から
列車を狙ったと思われますが (逃げられないし)
大量殺人で思うのは、人数と言う数字。

けれど、テロリストに立ち向かった、彼らと同じように
乗客ひとりひとりに、歩んできた人生があり
これからも続く未来があるのだーと
彼らの幼少期のドラマが、説得する。

つまり、当然ではありますが
今、命を奪うということは、
人の生命活動が終わるーというだけでなく(それも重要ですが)
過去と未来に及ぶ、長く貴重な時間とその人が歩み築いてきた価値を、
根こそぎ奪うことなのだーということを、痛感するのです。
(人の“命“の重さは、頭数だけじゃないゾと)

体を張って、テロリストに立ち向かった彼らは(他の人も)
フランス大統領から表彰され
“故郷の英雄”としても、称えられるのが、良い☆
(子供の頃は、悪ガキと呼ばれても、挽回するのだ!)
(憎まれっ子世にはばかるー?とも言うし (^^♪)

スペンサーは、レスキュー志望だった軍人。
軍人経験あればこそ、テロリストを封じこめたのだと思います。
民間人では、気持ちはあっても、銃を持った人に挑めないかと……
人を助けたいーという願いが、このような形で叶ったのも
神様のご縁でしょうか?(*^-^*)

▼▼▼

実際の列車内テロ事件を (乗務員は隠れたらしい?)
そのときの事件モノだけにせず
助かった人々それぞれの命の重み、人生の深みを
助けた青年の生い立ちになぞらえて
感じさせてくれたことに、強い説得力を感じました!
良かった!


Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

15時17分、パリ行き

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。 フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。 乗務員は乗務員室に逃げ込み、554名の乗客全員が恐怖に怯える中、乗り合わせていた3人の若者が立ち上がった…。 実話から生まれたサスペンス・スリラー。

「15時17分、パリ行き」:普通の人々

映画『15時17分、パリ行き』は、主役の3人や列車の乗客に、事件の当事者が多く含

「15時17分、パリ行き」

クリント・イーストウッドが放つ実話に基づいた社会派作品。こうくれば、どうしても真面目に捉えた作品だろうし、襟を正して観るべきだと思う。実際に本作の作りは大変真面目だ。「15時17分、パリ行き」の国際列車に乗り合わせたテロリストを身を呈して捕まえた3人の若者の、その生い立ちから友情の成立からを描いている。その列車に乗るまでの彼らの日常まで描いている。単なるパニックものではないぞ、と。真面目だ。...

15時17分、パリ行き

本人たちを起用 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/1517toparis 実話の映画化 監督: クリント・イーストウッド 2015年8月21日、554人の客が乗るア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア