映画『普通の人々』★母の悲しみも大きいのはわかるけどでも―


141586_2.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/4214/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 あらすじ参考→コチラ

監督: ロバート・レッドフォード

コレを、“普通の“と題したことが、印象に残るも
詳細を忘れてしまったので、再見しました。

何もなければ、“普通”に幸せと思われた4人家族でしたが。
長男が、ヨットで事故死したのち(次男は生還)
自殺を図った次男は、入院後、退院。
復学し、友達づきあいはあるが、兄亡き後の生活は、
元通りであるはずがない…
あらすじ(ネタバレ)では、この家族の崩壊を描く(汗)―と言っています。

母は、すでに、“Bitter Mother”と、どこかで紹介されているように
母親のピりっとした存在が、大きい印象です。

▼~▼ ネタバレして雑談です。(ほぼ備忘録)
▼▼▼

一緒に居て、自分だけが助かった弟の自殺企図は、
兄の喪失と哀しみ以上に、“罪悪感”を感じたから。
(サバイバーズ・ギルト)

もちろん、弟が助かったことは、両親には、幸いなはずですが
敢えて、死に向かおうとしたのは
母は、兄のほうを愛していたと、感じていたからでしょう。

母と息子(弟)のすれ違いに、業を煮やした夫(父)が
妻(母)に、問いただしてしまいますが  (~_~メ)
妻は、「子供を愛さない親はいない!」と
わが子(弟)を愛していないことを、(言葉では)否定しました。

微妙なシーンが、序盤に。
退院後の弟が、食欲がないと言ったとき
母は、彼の好きなフレンチトーストを、焼いてあげた。
けれど、彼がいらない、と言うと、母は、腐りやすいからと
即座に、それを捨てた。
父は、残してあげて!と制止したのですが……orz

目の前で、兄を亡くした弟の心の傷は
手首の傷の比では、ないだろう…….
母を拒絶したわけでなく、喉を通らなかったのだと思う。

しかし、同じく、息子の喪失で、心がボロボロの母にも
子供の食事という“愛情”を、“拒否”されたことが
チクチクと、心の傷を広げたのかも……
以後、二人の間には、お互いの“拒絶“を回避する?かのような
距離感が広がっていくのが、見て取れる…

家族写真もそう。
父は、妻と息子(弟)を和まそうと、二人だけの写真を撮ろうとする。
そのとき、すぐに、シャッターが押されていれば、よかったのに
カメラトラブルで、父は、シャッターチャンスを逃す。
妻は、自分が写真を撮ると言い張り、そのことで、イヤなムードに…(>_<)

クリスマスもそう。
家族で過ごせばいいのに、妻は、息子を実家に預け
夫と二人で、過ごしたいと言う。(^^♪
妻は、母でなく、妻(女)として、まず、立ち直りたかったのか…
愛する対象であるけれど、息子(弟)を見ていると、
もう一人の息子を、母として、思い出してしまうのが、辛すぎるのか…
夫は、自分も辛いはずなのに
妻と息子(弟)に気を配って、ホント、お疲れ様で、イイ人☆

息子(弟)は彼なりに、日常を“生きる“様子が描かれますが
病院トモダチの女子の自殺を知ったのは、傷口を広げたよう…orz
彼も、今、生きにくそうな状況だもの…orz

母親が、最愛の長男を失った悲しみの大きさは、私も理解する。
それが、“普通の人間”だもの――というのも、理解しよう。
けれどけれど       (お母さんだから、じゃないけれど 汗)
その家で一番、辛い立場だとしても、
愛すべき光(弟)があるのだから、その子も、十分、苦しんでいるのだから
ギュ―ッと抱きしめてあげて、ド~ンと構えた肝っ玉母さんでいてほしかった…
お母さんなんだから……

ほかの人の前では、元気で、しっかり者に見せていた母ですが
家庭では、いやでも、長男の不在を思い知るもの。
カウンセリングを拒んだのも、事実の直視が、できなかったからか…
お母さんなんだから―とは、言ってみたものの
母親だからこそ、耐えられず、心乱れてしまうのもありだろう……

そんな彼女を、支える夫が頼みーと思っていたけれど
さすがに、彼にも、限界が来ていた!(>_<)
彼も、“普通の人間”だもの――

妻と息子の“板挟み”で、彼の愛は、息子を選んだ。
息子を抱擁する父。

家族の誰かを失うという、大きすぎる心の穴は
どんなに時間が経っても、塞がることはないのだと思う。

けれど、家族の愛は、失われてはいないはずだ!
大きな悲しみが、家族を崩壊させてしまうのは、悲しすぎる…
作品は、妻(母)が家を出て、終わるけれど
これが、“普通“だとは思いたくない。

いつかきっと、家族が一堂に会せるときが、来てほしい。
長男の真心が、行くべきところへ、家族を導いてくれると
信じたい☆

▼▼▼

苦しくったって悲しくったって、母親は、気丈に
子供を包んで、ほしかったナ~と。
母(妻)も、色々、大変なのは、よ~くわかるョ。(^^)/
でも、母(妻)がbitterだと、家が、まとまらなさソ……orz
“普通”の幸せは、妻(母)しだいーなところ、あると思うから。(^^)/


Yahooブログ→コチラ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

普通の人々

他人からは理想的に見える中流ジャレット一家。 しかし息子のバックが事故でなくなってから、心通わぬ家族のかみ合わぬ愛の歯車が浮き彫りになっていく…。 ヒューマンドラマ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア