FC2ブログ

映画『女と男の観覧車』★三角関係のラストはジェットコースター!?(>_<)

174270_1.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174270/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・監督: ウディ・アレン
・ジニー: ケイト・ウィンスレット☆


1950年代 コニーアイランド。
ビーチ監視員ミッキーは
ウエイトレスのジニー(人妻 連れ子あり)と不倫中。
ミッキーは、演劇を学ぶ学生で
ジニーは、元女優。話が合った。

あるとき、ジニーの夫の娘キャロライナが
駆け落ちしたギャングの夫から、逃げてきた。
命を狙われているそうで、ジニーは、しぶしぶ同居する。

必然的に、キャロライナとミッキーも出逢い
二人は、恋に落ちてしまう。

火遊びをしたがる息子が、頭痛の種であるジニーは
ミッキーの“恋の揺らぎ“も気になって、イライラが高まるばかり―

終始、イライラしているケイトが絶品です!
男と女~人生の観覧車?で眺めていたら
結末へは、〇ッ〇コースター!?


▼~▼ネタバレで雑談です。
▼▼▼

家事に仕事に、忙しくて急かされてる日々なのに
マイペースに、足を引っ張るボクちゃん。
わが子でも、ホント、腹立つときあります…( 一一)
子供なりのストレスもありそうですが
建物内で、火をつけちゃダメよ…(>_<)

不倫関係は、よくないけれど
ジニーが、ミッキーと仲良くなったのは、わかる。
演劇という共通の理解があるのは、うれしい。
夫とは趣味(釣りや野球)が共有できないのは、さみしいし…orz
でも、不倫(恋人)でなく、友人で止めておけたら……

雑談の本題です。(^^)/
ミッキーは、ジニーと“付き合い“ながら、
キャロライナと出逢いがしらに、恋に落ちたもよう。
しかし、並行して、ジニーとも付き合いを続けた。

自分と付き合っているのだから、
他の人と恋に落ちるなんて、想いもよらないーと言ったら
油断しすぎでしょうか?

私こと。学生時代、好きな人から告白されて
“付き合い“をしていたつもりでした。
卒業近い頃、その彼が、婚約したのを知りました。
人づてに聞いた話では、友人の結婚式で出逢ったと。
彼は、私に告白した翌日、友人の結婚式があると言っていたー
ほぼ同時期に、“付き合い“が始まっていたらしいのに
私は彼に、油断していました。
他の人が入り込むスキマなど、考えてもいなかった…orz

ジニーが、いい年をして、若い彼氏に
まだ新たな、女の幸せを夢見るのは
ホント、滑稽でしかないかもしれない……
でも、頭痛の現実から逃れたいと、もがく彼女を
私は、笑えない……

けれど、現実は―――
ミッキーは、ジニーからの誕生日プレゼントを断りながら
キャロライナと、ピザ屋でデートした。

そんな折、ジニーは、キャロライナを追う刺客が
ピザ屋に向かっているのを、知る。
ジニーは、危機を知らせようと、
急いで、ピザ屋に電話した。
が、要件を告げる段になり、電話を切った――

ピザ屋を出たキャロライナは、行方不明となり
ミッキーは、電話を切った女がジニーではないかと責めたのだが
そのときのジニーの“反論“の空回った虚しさが、なんとも言えない……

ジニーは、自分が恋の邪魔ものを消したーなどとは言わない。
「あなたに何がわかるのよ!わかるもんですか!」
怒りと悲しみと憎しみで、
自分が、バラバラになりそうなほどの勢いで、
無意味な言葉の機関銃を、ただただヒステリックに、発射させた!
ギリシャ悲劇のヒロインのような衣装で………

「人の恋路を 邪魔する奴は 馬に蹴られて 死んじまえ」
とは、あながちウソじゃないらしい……(滝汗)

ジニーのしたこと(しなかったこと)を
命の前に恋も何もない!恐ろしい女だ!と思うのは簡単だ。
ただ、希望からも幸せからも、置き去りにされたと
自覚した女の闇は、底が見えない……と震え上がる。

▼▼▼

観覧車のイメージは、拙ブログでは
こんな感じです。(^^)/→ あなたと観覧車で


観覧車と言うタイトルなら、もっと
ロマンティックな恋の夢を、見たかったかも…(^^♪
しかも、ラストは
ファイナル・デッ〇・コースター?(>_<)

最後まで、マイペースに着火するボクちゃんが
むしろ、ニクメナイ感じに思えるのが、フシギ…(^^♪

Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

女と男の観覧車

ウディ・アレン監督作品初登場となる「リトル・チルドレン」「愛を読むひと」のケイト・ウィンスレットが、ままならない日常に疲れ果て、刹那の情事にすがりつくうらぶれた中年女性を演じる哀愁の愛憎ドラマ。共演はジュノー・テンプル、ジャスティン・ティンバーレイク、ジム・ベルーシ。あらすじ:1950年代、ニューヨーク郊外のリゾート地コニーアイランド。遊園地のレストランでウェイトレスとして働く元女優のジニー...

女と男の観覧車

1950年代のアメリカ・コニーアイランド。 遊園地でウェイトレスをしている女ジニーは、再婚同士の夫ハンプティ、連れ子の息子リッチーと3人暮らし。 彼女は脚本家を目指す大学生ミッキーと不倫中で、彼と一緒にこの街を出るつもりでいた。 そんな時、夫の娘キャロラインが、ギャングの前夫から追われていると逃げ込んで来る…。 ヒューマンドラマ。

「女と男の観覧車」

物凄く意識して、映画の世界に芝居仕立てを持ってきている。もう観た人全員が感じていることだろうけれど、採光と効果音が絶妙だ。夏のコニーアイランドの寂れた遊園地を舞台に、女と男がそれぞれの想いをぶつけ合う。採光は、夏の光。海辺だったり、夕暮れだったり、雨の中にももちろん灯りはある。部屋の灯り。逢瀬を重ねる桟橋の下の灯り。それによってジニー(ケイト・ウィンスレット)の表情や服の色さえも違って見える...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR