FC2ブログ

映画『検察側の罪人』★正義のためなら罪悪感ナシwith松倉のインパクト!


173241_1.jpg



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173241/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。

・最上: 木村拓哉
・沖野: 二宮和也


タイトルで言うように、検事が罪を犯しますが
それは、彼の“正義感”からーなのが厄介です…

ところどころ、詳細スッ飛ばし感ありますが
早いテンポなので、飽きません。

「罪を憎んで 人を憎まず」 と言いますが
親しい人が、被害者であれば、
「坊主憎けりゃ 袈裟まで憎い」
絶対の正しさを、強く信じすぎ
コイツは絶対に有罪にしなければ!との思いひたすら
なりふり構わず暴走していく、検事…(>_<)

普段、仕事キッチリな人は、デキるんだけど
ナアナアにできない分、
頭でっかちガチガチになること、ありません?…(汗)

今回の事件~老夫婦殺害の容疑者:松倉には
すでに時効になった、少女殺害の容疑もあった。
尋問は、沖野が担当した。

▼~▼ネタバレして、ほぼ雑談です。
▼▼▼

まずは、モンスター松倉こと酒向芳さん♪の怪演、絶賛です!\(^o^)/
(『半分、青い』の農協の西村さん)

松倉は、殺害された老人から借金した一人で
最上は、狙いを絞って、松倉を落とす方針で
沖野もそれに従い、じりじり、ガンガン攻める。

松倉は、その件は、一貫して否認しますが
録音を切るように要求したあと
時効になった殺人事件について、自供しはじめたー
(被害者の少女は、最上が入寮していた当時の管理人の娘で、親しかった)

絶対に、コイツが犯人だろう、と思われても
証拠不十分などで
逮捕されずに、のうのうと生きている人は、いると思います。(汗)

そんなとき、「闇奉行の俺に証拠なんざ、いらねえんだ!」と
悪玉を、問答無用にぶった切って下さる闇奉行に
正義を感じたことが、ありました……
(注:リアル社会では、私は、法的根拠に乗っ取っておりますよ(^^)/)

検事:最上は、“時効“で、罪が免れている松倉が赦せない。
被害者の少女と、親しかったこともだが
罪を、償わせないわけには、いかない思いに襲われる。

検事:沖野とて、赦してはいない。
録音が、切れているのをいいことに
“尋問“が、暴言・罵詈雑言と化す。
犯罪者=松倉を産んだ、母親への侮蔑も出るとは!(>_<)
(このニノは、“ベビーフェイス“呼ばわり返上の、ドスが効いてマス(^^)/)

殺人の容疑が、固まらないので、
別件で逮捕された松倉を、じっくり詰めるつもりの最上。

しかし、ソコに、最有力の容疑者登場!
(弓岡=大倉孝二さんが、ペラペラ自慢する犯人役…( 一一))

最上は、松倉を、なんとしても、今回逮捕して罰したい!
この執念は、わかるよ…
時効で遠のいた“一線“が、すぐそこにあるのだから。
絶対、逃してたまるものか!わかるよ……

でも、真犯人の弓岡から、手口を聞き出したあと、
邪魔者とばかり、
殺して埋めてしまったのは、ダメだ…
悪の“一線“を、最上が越えて、どーする…orz
(最上でなく、最悪じゃないか…)

キムタクさん=最上は、この経過中も、いい意味で?
悪の匂いがしない。狂気もない。
あくまでも、正義感でやっていますーという風なので
気の咎めも、影もない。

気づき始めた、沖野と対峙しても
“張ったり”でも、“開き直り”でもなさげで
ただただ、正義の鉄拳を振り下ろした男の、
仁王立ちのような、理由なき自信だけが、不気味にあるだけ。
全然悪いとは思っていない、訂正不能感は、もーなんつーか……

エピソードは短いですが、最上の友人の代議士のこと。

▽語弊ゴメン↓▽要反転  注:私も平和主義者です(^^)/

彼は、収賄疑惑で、自殺してしまうが
有力議員=義父の“右翼姿勢”に強く反対していた。

反戦平和は、誰もが願うことです。
が、ときに
平和思想の思い余って、闘争に走る方や
却って、平和が脅かされる手段に向かう方も
いなくはない……(滝汗)

“正義”も“平和”も、金科玉条。錦の御旗。
そのものに、異を唱えるわけではないけれど
本当に、“絶対的なソレ“は、どこにあるのか……

信念は、大切だけれど、
訂正不能な、ガチガチ頭ではなく
広い視野で、柔軟な姿勢なればこそ
“真実のソレ“に、近づけると思うのです。
(曖昧な脱線ゴメン)


▽▽▽
▼▼▼

「検事でいる意味がない」
最上も沖野も、異なるシチュエーションでそう言った。
罰すべき人は、罰せられるべき。私もそう思う。(^^)/

悪法も法であるーと言うけれど(汗)
法が無力で、悶々感が、鬱積する世の中ならば
「昼は検事 夜は闇奉行」
そんなフィクションで、スカッとするのも、お口直しかも♪(^^)/


Yahooブログ→コチラ

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




blogramで人気ブログを分析





関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検察側の罪人

都内で殺人事件が発生した。 東京地検刑事部のエリート検事・最上は被疑者の中から一人の男・松倉に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。 松倉は過去の未解決殺人事件の重要参考人だった。 最上を師と仰ぐ駆け出しの検事・沖野と、沖野の事務官・橘は、最上の強引な捜査方針に疑問を持ち始める…。 ミステリー。

「検察側の罪人」

原作を知らないので的外れな感想だったらごめんなさい、なのだけれど、ちょっと詰め込みすぎでそれ故とっ散らかってしまった印象である。メインは二人の検事が紐解こうとする老夫婦殺害事件…その犯人として目星が付けられたのは、あの男…そう、20年以上前に起き、既に時効になっている女子高生殺害事件の時にも、犯人と思された男だったのである。その時は結局立証されず、無罪放免となって月日が経っていた…。という、...

検察側の罪人

木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。木村がエリート検事の最上、二宮が若手検事の沖野に扮する。さらに、沖野をバックアップする検察事務官・橘沙穂に吉高由里子、闇社会...

『検察側の罪人』('18初鑑賞59・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 8月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:15の回を鑑賞。

『検察側の罪人』

時効で刑を免れた罪人を別の事件の犯人に仕立て上げ、 相当の罰を下そうと画策する検事の顛末を描く... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞) 原作:雫井脩介  killing for the prosecution

『検察側の罪人』トーホーシネマズ渋谷3

▲ネタ 「松倉を自供に追い込めませんでした。  机を叩く際のスナップに力が足りませんでした」 「そこにケチを付けるのは違うだろう」 「ダンススタジオに通って歌って踊れる検察官を目指します」 「……検察官である意味がない!」 五つ星評価で【★★★役者はいいが映画に変な不純物が紛れ込んでる】 キムタクとニノの正義論争に、糾弾される正しい政治家みたいなエピソードが挿入される。...

「検察側の罪人」:面白いけどアラが多い

映画『検察側の罪人』は、ジャニーズの二枚看板による新旧対決という娯楽映画の衣をま

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR