FC2ブログ

映画『ブレイン・ゲーム』★ホプキンスの深み!“苦痛”と“癒し”について


169984_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169984/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
・原題: SOLACE ←かなりミソ☆  (=苦痛を和らげる)

・医師ジョン: アンソニー・ホプキンス☆  ←目当て
(製作総指揮)

あらすじで、ネタバレしていますが、
ホプキンス主演の話では、犯人捜しでは終わらせない。(^^)/
“原題“に、立ち返るんです。
で、問いかける…

連続殺人事件は、血を見るので((>_<))
エゲツナイですが
そんなエゲツナサも、効いているのが、ニクイ。(^^♪

▼~▼ネタバレして雑談です。
▼▼▼

その人の、過去や未来が見えるジョンは
連続殺人事件のヘルプに、FBIから要請を受ける。
被害者たちは、後頭部を切られ、瞬殺されていた。

やがて、被害者たちは、“重病“を患っていたことがわかる。
子供の被害者は、元気そうだったので
確認のために、ジョーらは、子供の両親を訪ねる。

子供の親が、印象的に、独特。
親は、病院より神の御業(みわざ)に頼るタイプ。
降りかかったものも、運命として、受け入れるべきと。
(だから、子供の剖検で、病気の有無を追求する気なし)

ジョーは、自分も、娘を白血病で失っているので
“運命“のことはわかっていると、親を説得し
犯人逮捕のために?、剖検(医学)したところ
子供に、脳腫瘍が見つかった。

実は、少し前から、子供の様子は、おかしかったらしい。
病院より神―という親は、
よほどひどくなっても、医学的治療を、受けさせないのかな…( 一一)

▽↓以下ネタバレ雑談(要反転)    勘違いはスミマセン

先が見える犯人は
その人が、病気で苦しむ前に
楽に殺してあげた――などとうそぶく。
頼んでないワ!(>_<)

ジョンに依頼したFBIの警官は
この件で殉職するが、そのことも、犯人に言わせると
彼は、末期がんだったので、病死するより
殉職のほうが、恩給?がついて、子供の進学にも安心だーなどと…
理屈は、そうかもしれないけれど(汗)
命を縮める殺人は、肯定できないョ…….

ジョンも、犯人に言う。
たとえ、末期で苦しむことがあっても
(命の尊さからしたら)痛みすら、いとおしいものだーと。

↑コレは、アンソニー・ホプキンスが言うと
命を、あらゆる側面から見ても
説得力を感じさせる。

一方、観念的には、そうかもしれないが
痛みに苦しむ人の姿は、見守るほうも、ただ、苦しいものだ……
と思っていると……

ジョンの思い出が、蘇る。

ジョンは、治る見込みのない娘が
苦しんでいることに見かねて
“薬”を点滴に注入し、薬殺していた。

それは、安楽死と言うのだろう……
生きて苦しむ者の、痛みからの解放?癒し?思いやり?
あるいは、究極の愛とでも??

――だけではなさそうだと、思ったのは
娘の死後、疎遠(別れた?)になっていた妻と再会し
ハグをしたときに、“娘の死”を、思い出していたから。

ソレは、娘のためだと思いながら
親である自分が、辛くて耐えられず、
“自分への救い“を、求めてしまった結果なのではないかと――

そして、今
娘を手にかけたことへの、“長い苦しみ“を
“家族”へのハグに、込めたのではないかと………………

さて、瞬殺で、苦しまない方法とはいえ
血まみれのエゲツナイ惨劇を残した男は、殺人犯となった。
親とはいえ、医師とはいえ
血を流さず、きれいに、娘の息の根を止めたジョーも
やったことは、同じかも…….
もちろん、同列に語るのは、スジ違いだと思うけれど……

将来、その人が、苦しむ姿が見えてしまう犯人には
ソレが、耐えがたい苦痛だったというのも、あるかもしれない。
その人のためーというのは、方便?

いや
犯人自身も、先のない病気だったとわかる。
それで、ついには殺してほしいと?
それでも、こんな大掛かりな事件を、起こさなくても……( 一一)



▼▼▼

少なくとも、アンソニー・ホプキンスと
コリン・ファレルの脳みそ対決―という、シンプルな話ではない。(^^♪

ラストに来て、
ホプキンスの深みの真骨頂が、問いかけてきましたョ。(^^)/

FC2ブログ→コチラ
(ヤフーブログ以外の方はこちらにTBしてください)

Yahooブログ→コチラ


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブレイン・ゲーム

ベテランFBI特別捜査官の男性ジョーと相棒の若き女性捜査官キャサリンは、連続殺人事件の捜査に行き詰まり、隠遁生活を送っていた元FBI分析官で医師のジョン・クランシー博士に助けを求める。 並外れた予知能力の持ち主である博士は、犯人が自分以上の能力を持っていることに気づくのだった…。 サスペンス・スリラー。

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクター博士役で知られる名優アンソニー・ホプキンスと「TheBeguiled ビガイルド 欲望のめざめ」「ロブスター」のコリン・ファレルが共演し、頭脳戦を展開するサイコスリラー。クランシー博士役をホプキンス、容疑者役をファレルがそれぞれ演じるほか、テレビドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズのジェフリー・ディーン・モーガン、「ブライト・スター いちばん美しい恋の...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR