FC2ブログ

映画『ジェシー・ジェームズの暗殺』★長尺が絞り出す罪ある人間味withピリピリ(汗)


145111_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/19725/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・ジェシー・ジェームズ: ブラッド・ピット☆
・ロバート(ボブ): ケイシー・アフレック☆  暗殺者

実話だそうです。(やっと鑑賞)
世界で初めて、銀行強盗に成功した人らしい。

ジェシーが行った、犯罪の数々の展示でなく
ジェシーが発する、ピリピリした空気を感じる作品でした。
それに呼応するボブこと、
ケーシー・アフレックの繊細さは、
ナイスプレーとしか言えない。

長尺が絞り出す、罪ある人間味を、堪能してくださいませ☆

▼~▼ 内容にふれて雑談です。 
▼▼▼

ストーリーは、シンプル。
ジェシーが、行動をともにしていた仲間ボブに、殺されます。

長尺の見せどころは
ジェシーとボブの”人間力“。

強盗のボス=ジェシーは、義賊?の噂があったとしても
基本、コワい人です。(汗)

“悪さ“に募った仲間が、逮捕されれば
そこから、足がついてしまう。
“不安要素“を除くべく、ジェシーは
今でも仲間のふりをして、会いに行き
外に誘い、殺した……(汗)

“悪さ“をした人だもの……
フツウの人の優しさは、期待できないのかも…orz
安心したら、裏切られそうだし
疑念を抱かれたら、アノ世行き…(>_<)

ジェシー=ブラピを見ていて、全然、落ち着かない!(~_~メ)
ニコっと、イケメン笑顔でも、信じられない。(>_<)
そのハラハラが、醍醐味?(滝汗)
恐怖の風格のブラピ☆天晴れ!
“殺し“は、仲間も、ヤッテくれる…( 一一)

ジェシーの従兄弟の家に滞在した、仲間の一人が
従兄弟の父の後妻(若妻)と、関係してしまった。
それを知った従兄弟は、関係した男を殺そうとするが
その場に居て
いたたまれなくなったボブが、従兄弟のほうを撃った。

ちなみに、ボブ=ケイシー・アフレック☆は
ジェシーを殺す役回りだけではない。(^^)/

ジェシーに憧れて、伝記?を読み込み、一味になった。
ケイシー・アフレックの、人の弱さと強さが、
絶妙に、にじみ出てくる雰囲気は、絶賛です。(^^)/
(彼が出る作品は、その人間味を確かめたくて、見逃せない)

ボブは、当局から、ジェシーの“始末“を指示された。
従わざる得ないし、ジェシーにバレたら自分が、ヤラレル…
(ケイシー・アフレックの“悩ましさ”が生きるシチュエーション♪)

相変わらず、ジェシーは、油断ならなくて
ボブの首に、ナイフを当てたときは、かなりヤバかった!(>_<)
冗談だよ♪とジェシーは、笑ったが
笑いごとじゃないヮ…滝汗

そして、いよいよ、諸事情が、大詰めになってきて
今、ヤラナイとヤバい!というときが来る。
この切迫感は、ボブの兄のソワソワした動きが、盛り上げる。
馬の絵を直そうとしたジェシーを、
ボブは、背後から撃ち殺した!

驚き悲しむ妻には、銃が暴発した事故―と説明したのは
言い訳ではなくて、思い遣りだろう……

――作品は、それで終わらないのが、ミソ☆
ジェシーの遺体は、“見世物“になり
死して、よりヒロイックになったようなジェシー。

対してボブは、暗殺の顛末を、何度も上演し
死後も、ジェシーの名声(劇)で稼ぐ。
しかも、卑怯な裏切り者扱いされてまで……
どんな了見だったのか、ボブ…….?
事実は、小説より奇なり――?

▼▼▼

銀行&列車強盗ですが
義賊っぽいことも、したらしいから
人の心に残っているのかナ…



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジェシー・ジェームズの暗殺

アメリカで知らない者はいない稀代の強盗ジェシー・ジェームズ。 彼は1881年、34歳という若さで暗殺される。 犯人は誰よりも彼を崇拝していた臆病者の手下、ロバート・フォードだった。 なぜ彼はジェシー・ジェームズを殺したのか…。 「あこがれて、こがれて、心がつぶれた」 PG-12

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR