FC2ブログ

映画『先生と迷い猫』★男やもめの偏屈な懐に入りこむ三毛猫ちゃん♪


166548_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166548/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・元校長(以下先生): イッセー尾形
・亡き妻: もたいまさこ

三毛猫ちゃんが、男やもめの先生のところに迷いこんで
可愛がってもらい、癒される話かと思ったら
イッセー尾形のキャラ立ちで、そんなに甘くなかった。
むしろ、猫が、家に来てほしくないとさえ…orz
なのに、猫用の入り口がある?……(^^)/

自由に行き来する猫ちゃんの特性?を生かした設定の話ですが
飼い猫と野良猫の境が、微妙なために起こるアクシデント?への
警鐘もあるような……

▼~▼ ネタバレで雑談です。 
▼▼▼

その三毛猫ちゃんは、美容院やクリーニング店など
あちこちに顔を出しては、可愛がってもらい(エサをもらって)
“いい御身分”だった。(劇中のセリフより)
名前も、タマコとかソラとか、好き好きで呼ばれている。

野良猫が、被害に遭う事件があってから
美容院で、鈴をつけてもらい
リンリンする音で、来るのがわかるようになる。

先生の家では、可愛がってくれた妻の仏壇の前に座るが
先生には、その光景が辛くて、すぐに猫を追い出した。

偏屈で通っていた先生だが
その猫に、ネガティブな気持ちを、ぶちまけたことがあった。
だからイヤなんだ!という言い草には
妻との生活がなくなった、悲しみがあった…
そして、その情緒を深めるように
思い出の映像が、描かれるのがニクイ。

あるとき、その三毛猫の姿が見えなくなり
皆で、捜すことになった。
先生も、得意の写真を生かして、ポスター作りをする。

(飼い猫との意識なく、エサをやっていた仲間同士だが
猫を飼う人からは、きちんと飼わない人が
猫ちゃんの犠牲を生むのだーとの諭しもあり)

それぞれの呼び方で、呼びながら探すうち
先生は、ミイ~と呼んでいた。
それは、昔、飼っていた猫の名前。

この三毛猫が、初めて家に来た時、
妻は、死んだミイに似ている、と喜んだのだが
先生には、ミイの死が辛かったようで
もう生き物は、飼いたくないと……
そして、死ぬなら別の場所で死んでほしいと…orz

可愛がったミイ猫ちゃんの代わりに
似ている猫を可愛がりたい、という気持ちはわかる。
愛情を何かに向けたいのは、自然な気持ち。
そして、やがて、似ていることではなくて
その猫ちゃん自身が、一層、可愛くなってくる。

先生は、妻もミイ猫ちゃんも、失ってしまったことが
本当に淋しかったのだ、と思う……
先生は、三毛猫ちゃんが、その淋しさを思い出させるーと思っていたが
実は、淋しさを埋めていたと思うョ……

だから、妻と一緒に可愛がっていた、ミイの名を
何度も何度も、呼んで
三毛猫ちゃんを、必死に探した……
滑稽なほど……(^^♪
おまわりさんに、捕まってしまうほど……(汗)

ラストは、三毛猫ちゃんが見つかって感動!~とはならない。(~_~メ)
淋し気な先生の背中が映る……
けれど、そこに、リンリン…….鈴の音が聴こえてくる。
しれ~っと、帰ってきそうな気配が、
気まぐれ猫ちゃんらしくて、良い。(^^)/

ところで
先生が出逢う“少年”のエピソードが、興味を引く。
“優しさ“に、苦み走った深みを与えたと思う。

少年との出会いは、瀕死の白猫。
先生が獣医に連れていってくれて、一命をとりとめた。
(少年が傷つけたのではないと、信じたい……)

その後、少年は、“野良猫”を気にかけて
探し回る先生の姿も、見ることになる。

拾ったカッターナイフで、木の葉を切りまくっていた彼は
大切にされる実感に、飢えていたようだった。
学校をサボっていたのは、“野良猫”のようだったかもしれない。

傷ついた“野良猫”に、手を尽くし
いなくなった“野良猫”を、必死で探した先生。
「野良猫も大切!」と言い切った先生に、送ってもらって
施設に帰った少年の心は、癒されただろうか……

▼▼▼

ふんぞり返って歩く、イッセー尾形の
とっつきにくそうなキャラと
かわいい猫ちゃんとのギャップが、良い☆
「愛感同一」のシャレ?を書く、実は、楽しい人というのも☆(^_-)-☆

I can do it.



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

先生と迷い猫

定年退職後も近所で“校長先生”と呼ばれている森衣恭一は、妻に先立たれて一人暮らし。 彼を訪ねてくるのは、森衣が撮った写真を使いたいと言う市役所職員の青年・小鹿と、野良猫のミイだけ。 ところがいつも追い払っていたミイが、パッタリ姿を見せなくなってしまう。 ミイは町のあちこちでいろんな名前を付けられ、可愛がられていたことが分かるのだが…。 ヒューマンドラマ。

コメントの投稿

非公開コメント

Re: こんばんは(^^)

こんにちは☆
猫ちゃんは、かわいいですからね。
観たくなりますね~☆

> イヴさん、こんばんは!(^^)
>
> いつも訪問有難う御座います!感謝です♪
>
> 猫、何かと話題になってますよね(^^)
> 猫島とか猫カフェとかも有り(^^;
>
> 映画にもなったのですね(^^)

こんばんは(^^)

イヴさん、こんばんは!(^^)

いつも訪問有難う御座います!感謝です♪

猫、何かと話題になってますよね(^^)
猫島とか猫カフェとかも有り(^^;

映画にもなったのですね(^^)
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR