FC2ブログ

映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』★二転三転の彼女に引き込まれた!(^^)/

169196_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169196/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・監督: 岩井俊二     ・リップ・ヴァン・ウィンクルのこと→コチラ
・七海: 黒木華
・安室: 綾野剛   ・真白: Cocco



これは面白かった!(^^)/
ヒロインの運命が、二転三転~流転して、引き込まれました!
そのカギを握る、綾野剛こと安室の存在が、ニクイ☆

ネットで知り合って結婚した夫に、浮気疑惑!?
浮気相手の彼氏と逢ううち、七海に浮気の濡れ衣が…
離婚され、行き場をなくした七海は
結婚式で、親戚役を“派遣“してくれた安室を頼る。
なんでも屋の安室は、“親戚派遣“のバイトの他
豪邸のメイド職を、紹介してくれた――

コレは、ミステリーの種明かし的要素アリ!
リップ・ヴァン・ウィンクルとはナンなのか?誰なのか?
そして、七海にハッピーエンドはあるのか?
そもそも、ハッピーとは、ナンなのか???
気になる安室は、何者か……?

▼~▼ネタバレで雑談です。
▼▼▼

ネットで知り合って、結婚した七海も
“秘密“や大事なコトは、HN同士の会話で、打ち明ける。
結婚式の親族も、“HN:ランバラル”の紹介で
安室に依頼した七海。
(実はランバラル=安室。安室も仮名らしい。)

なんでも屋の安室は、七海の“夫の浮気調査“も引き受けると
“営業”する。

一方、夫の浮気相手の彼氏が、七海に接触してきて
ホテルで、襲われそうになったところを
連絡を受けた安室が、助けに来た―――

ココから、どうも怪しくなってくる……

襲った男と安室は、知り合いで
安室を“極悪人”と、揶揄して去っていった。
現場に仕掛けてあったカメラを回収した安室は
何食わぬ顔で、七海の救出を演じた。

夫の親族の葬儀のとき、義母から
ホテルでの、男との密会映像を見せられ、(安室が依頼された?)
浮気の濡れ衣を着せられた七海は、離婚させられ
追い出され、行き場を失った。

その前に、臨時講師の職を追われるときも、七海は
理不尽な目に遭ったのだが、そのときも、
七海は、言われっ放し、やられっ放しで
見ていて、もどかしい想いが募るの……( 一一)

更に、助け舟のふり?をして近づいてきた安室に
ダマされるのではないか?との不安が……(>_<)

が、綾野剛:安室は、終始、穏やかに紳士的なので
つい、信じて、頼ってしまいたくなるの……
独りぼっちになった七海は、
安室のバイトで知り合った女優:真白と親しくなり
一緒に豪邸のメイドをすることになった。

↓ネタばれ!
実は、豪邸の主は、ガン末期の真白だった。
真白は、一緒に死んでくれる人を安室に依頼して
安室は、七海を“調達“したのだった。
(七海には言ってない)

真白は、HNにリップヴァンウィンクルを使っていた。
親しくなった二人は、ノリで、ウエディングドレスを買い
着たまま戯れ、酔い、眠るうちに、
真白は、飼っていた毒貝を握りしめ、亡くなる。

その前に、真白の言うことがイイ☆
彼女は、購入したものを袋詰めしてくれるコンビニ店員にも
自分へのありがたい幸せを感じるーと言っていた。
世の中の、些細なコトにも、幸せがあふれていることを
繊細に受け止めていた真白は、それでは申し訳ないから
お金を払って“帳消し“にするのだーとも言った。

↑このシーンの説得力は、うまく言い表せませんが
幸せが、些細なコトにもあるならば
どうにもならない不幸というものも、それほど多くはないのかもしれない……
と思えてくるのが、作品の癒しかもしれません。

七海は、真白の心中相手になるために、
安室にハメられ、調達されたのかもしれないけれど
あるいは、ただ、偶然が、重なっただけかもしれない……

それに、あのまま結婚生活が続くことが、幸せかどうかは
誰にも、わからないことですし……(滝汗)
別の人生という可能性が、運命を開いたーということもできるかも…

ただ、真白に心中=殺される可能性は、リスキーだったが
「私と一緒に死んでくれる?」とか
「私のために死ねる?」という質問は
愛を確かめ合いたい恋人たちの、
じゃれ合いの常套句に、すぎないのかもしれぬ。(^^♪
「死ねる」と言ったからと言って、毒殺心中はしないョね…
愛しているなら。大切なら。
その言葉を聞いて、愛されているとの幸せを感じながら
死ねることの喜びかもしれないですョ……
(“死と愛”も永遠のテーマかもしれない)

そして、ダメ押しは、真白の母(りりィさん)でしょうか。
安室は、真白の遺産を、真白の母に渡しに行った。(七海も同行)
遺骨の受け取りを拒否していた、断絶ママだったが
お金を前に、和らいだ……?

いや、やはり、親子の絆は、切れるものではないでしょう!
AV女優だった娘:真白を恥じていた母だが
安室(と七海)の前で“裸”になり、慟哭した!
母の想いを爆発させた姿は、娘の愛そのもの。
真白には、ここにも愛を持っていたのだ――と思うのも
供養になるかもしれない……

結局、安室は、“極悪人“の一面もありつつ
彼は、仕事を、律儀にこなしていただけかもしれない。
必ずしも、相手に、便宜を図れないこともありますもんね(汗)。

▼▼▼

禍福はあざなえる縄の如しーーと言いますが
人生は、ナニがイイか悪いか、わかりません。
劇のあとも続いていく、七海の人生も……

けれど
小さくて気づかなくても、“幸せ“は、ソコにあるから!(キッパリ☆)
今日、生きていただけで、ありがたい☆(^^)/

もっともっと、マニアックなコトも、深く潜んでいて
興味深い作品なので、おススメです!(^^)/


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リップヴァンウィンクルの花嫁

東京で働く派遣教員・皆川七海はSNSで知り合った鉄也と結婚することになり、自分側の招待客が少ないため、なんでも屋の男・安室に式の代理出席者の手配を依頼する。 新婚早々に鉄也の浮気が発覚するが、義母から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出されてしまう。 路頭に迷った七海に手を差し伸べたのは、安室だった。 結婚式の代理出席の次に彼から斡旋された仕事は住み込みのメイドで、何と報酬は100万円だとい...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR