FC2ブログ

映画『マチネの終わりに』★“誘われて“~大人の恋の行方~

176524_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176524/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・蒔野(ギタリスト): 福山雅治
・洋子: 石田ゆり子


(原作未読です)
予告編からは
結婚を控えた洋子と
独身の薪野が、恋に落ちて
不倫関係にでもなるのかと、思っていました。

でも、恋に落ちたのなら
洋子が婚約解消すれば、ナンとかなるわけだし…

二人の恋路に、“邪魔“が入ったことで
運命が、狂うことに…orz

▼~▼ネタバレして雑談です。(違うときスミマセン)
▼▼▼

二人が、紹介されて、初めて出逢ったのは
蒔野のコンサート後。
「舞台から、あなたを誘っていた」
と、キザ?なことを言った蒔野は
洋子への好意ありつつも、
そのときは、リップサービスだったよう。
(だが、コレが、後から効いてきた!)

恋に落ちるのに、理由はいらなくて
外国にいて離れても、連絡をとりあう二人。
スランプになっていた蒔野には、オアシスのような恋か。(*^^)v

ギターの響きに、心の琴線も、震わせられながら、
二人の行方を、心地よく、見入ってると
「未来が、過去を変えることもある」
蒔野の、深い言葉が……

過去の出来事を、なかったことにはできないが
後になって、過去の出来事の“印象“が変わるーという。
洋子の昔語りが、石にまつわる“一例“を提示しますが
やがて、大きな“石“が、二人の前に…(>_<)

↓ネタバレ!

洋子が帰国して、蒔野に逢いにきたその日に
蒔野の師匠が倒れた。
かけつけた蒔野は、スマホをタクシーに置き忘れ
マネージャー(♀)が取りにいったが
彼女は、スマホを、“水没”させてしまった。
その後、連絡がうまく取れないまま
蒔野と洋子は、会えずじまいになっていった――
ココで、効いたのが、マネージャーの“恐るべき企み“。
蒔野の音楽にも、彼自身にも心酔していた彼女は
蒔野が、洋子に奪われるのを阻止すべく
蒔野になりすまして、“別れのメール“を洋子に送った。

洋子は、蒔野の音楽のため、と信じ、去っていったが
蒔野は、洋子の行動がわからないまま
現実を受け入れるほかなく
その後、彼は、マネージャーと結婚し
洋子も、婚約者と結婚した。
それぞれに、子供も生まれたが
それは、“もう戻れない“形を見るようでありました……

二人とも、本当の理由がわからないまま別れたーというのは
『ニュー・シネマ・パラダイス』にも、あったような別れ…?
誰かの“作為“で、引き起こされる”別れ”が、切なく痛いの…

知らぬが仏―と言いますが
真相を知らないほうがいいこともある……?

けれど
蒔野の妻は、何年も経ったあるとき
蒔野のリサイタル開催を知らせに
洋子に、逢いに行った!
(洋子は、離婚していた)

そうして、自分が、二人の仲を引き裂いたことを白状した。

罪の呵責―ということも、あろうが
“真相の暴露”には、自分が、運命の鍵を握っていたこと.への
優位性の誇示も、あるように思う。

今更、真相を知ったところで、過去は変えられないじゃない?

けれど、かつて、蒔野は言った。
「未来が、過去を変えることもある」
今、真相を知ったことで、過去の“別れ”が変わった。
愛を失くしたーと感じていたなら、そうではなかった。
蒔野も、真相を知った。
私たちの間に、“別れ”はなかった☆

そうして、蒔野のコンサート(昼公演=マチネ)。
客席に、洋子を見つけたらしい視線がイイ☆

そして、観客に向って、語っているようで
舞台から、“洋子を誘った”薪野。
(Qoo~☆ もはやキザとは言わない。ステキだ!)

アンコール曲は、洋子との思い出の曲。
観客に聴かせながらも、届けたいのは、洋子へ♪

蒔野の音楽の中で、二人の時間は、1つになっていたと思う。
過去の長さも痛みも、飛び越えて
今、この一瞬一瞬に響く音楽を、共有する時間は
引き裂かれた恋人たちには
きっと、永遠に値したはず……

そうして、“誘われた“洋子が、蒔野に逢いにいった。
そうして、洋子のもとに向かった蒔野。
そうして、作品は終わった――

↑よかったのは、これ見よがしな再会シーンを、映さなかったコト☆

それぞれの事情を考えたら、思い切ったコトは、躊躇するかもしれない。
けれど、もはや
抑えてきた自分の本心だけに、素直になりたいかもしれない…

二人は、どんな再会をするのか?
これから、どうするのか?
その先のことを
観る人の心次第に委ねているのが、ニクイ☆

▼▼▼

石田ゆり子さんは、旅行気分でも楽しめるーと謙遜?されていましたが
いやいや~(もちろん、外国の風景もよろしい(^^)/)
大人の恋の行方を、楽しみました!(^_-)-☆



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マチネの終わりに

世界的なクラシックギタリスト蒔野聡史は、公演の後でパリの通信社に勤務するジャーナリスト小峰洋子に出会う。 共に人生半ばの彼らは、出会った瞬間から強く惹かれ合い心を通わせる。 洋子に婚約者がいることを知りながらも、蒔野は洋子への愛を告げた。 しかし、思わぬ障害が生じ、二人の想いは決定的にすれ違ってしまう…。 ラブストーリー。 ≪東京、パリ、ニューヨーク。 世界のどこにいても、あなたを想う―≫

マチネの終わりに

東京、パリ、ニューヨークを舞台に音楽家とジャーナリストの愛の物語を描いた芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラー小説を福山雅治、石田ゆり子主演で映画化。蒔野役を福山、洋子役を石田がそれぞれ演じ、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行らが脇を固める。監督は「容疑者Xの献身」「昼顔」の西谷弘。あらすじ:パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR