FC2ブログ

映画『愛情物語』★ピアニストの愛と哀しみと絆の物語

140095_1.jpg




作品について https://cinema.pia.co.jp/title/10117/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。
(原題 THE EDDY DUCHIN STORY)

・エディ: ビアニスト (演奏:カーメン・キャバレロ)
・マージョリー: 妻
・ピーター; 息子


子供の頃みた、このチラシの
ストレートすぎる邦題を、気に留めつつ
大人になってから、1度観ましたが
忘れてしまったので、再鑑賞しました。
原題は、サラッとしていて
「エディ・デューチンの物語」(実話ベースの“フィクション”らしい)。

ピアノとエディの間に、女性を置いたチラシが
アピールしてくる“愛情”を、確かめるつもりで☆

薬剤師を捨て、ピアノ一本で生きるつもりで、
エディは、ニューヨークにやってきた。
前に、演奏を賞賛してくれた指揮者を頼って。
だが、いきなり楽団には入団できず困っていたら
令嬢:マージョリーの計らいで、演奏の機会を得ることができた。

▼~▼内容にふれて.雑談です。(ネタバレ!)
▼▼▼


演奏仕事も安定したあるとき
上流家庭から、お招きを受けたエディ。
客人=一紳士として~だと思っていたのに
やはり、演奏家としてだと知り、愕然….orz
しかし
演奏中、隣に座ってくれたマージョリーの御蔭で
演奏家である自分を、誇れることを感じたエディは
マージョリーの愛情に、近づいていく。

その後、エディとマージョリーの
数々のデートシーンを、音楽が彩っていきます♪
言葉はなくとも、これでもかこれでもかと (^^♪
二人の愛情をたっぷり、盛り上げてくれる!\(^o^)/
(ああ、これが邦題の愛情なのかな~)

♪エディの手によるキャバレロの演奏も
コンサートの興奮を味わえるし
二人の幸せを形にしたようで、最高に高まる!\(^o^)/

そうして、トントン拍子に、めでたく結婚☆
クリスマスの日には、息子:ピーターも誕生!\(^o^)/
(ああ、順調な愛情物語だな~)

――と思ったのもつかの間
妻は息子を産んだ日に、帰らぬ人に…orz
そこからが、ミソ☆

エディは、悲しみから逃げたいからか
息子を預けっぱなしにして、演奏旅行に出まくる。

死後まもないうちは、悲しみに同情されるが
10年もそんな生活だと、息子が可哀想だと言われ
思い切って、息子に逢ってみたエディ……

前半、これでもかというほど、見せつけた愛情だもの。
失ったあとの喪失感の深さは、どん底だ…….
けれど、そこには、息子という希望があるのに
エディは、悲しみに目が曇り、よく見えていない…

エディの悲しみよりも、息子ピーターが可哀想!(>_<)
久しぶりに逢った父親にも、よそよそしい。
本当は、ギュッとしてほしいのに…(T_T)  ←あとでわかるの

子供の成長は早く、10年もあっという間。
父親が、悲しみに足踏みしている間に
どんどん成長していた。
それは、身体だけでなく、ピアノについても!

ピアノ演奏のノリ♪の良さは、(練習の成果もあるが)
父親譲りだと思わせるのが、ニクイ☆
疎遠でも、血は水より濃い☆
そこには、見えなくても、親子が引き合う強い絆があり
糸の間には、夫と子を愛する妻と母の存在もある。

そんなピーターは、戦争孤児のお姉さん:チキータと
親しくしていた。(姉のような母のような感じで)
チキータとエディは、相思相愛になり (←わりとサクッと)
新しい家族のようになって、良かったな~と。(*^^)v

な・の・に
エディが、不治の病になってしまった!(>_<)  
絶望的になってしまいますが
エンディングがいいんですよ!(ネタバレ注意)  ▽要反転

▽▽▽


エディは自殺!?~とある解説も、ありますが(汗)
チッチッチ ストレートな死は、やめときましょう。
エディは、ピアニストですョ♪

エディは、息子をピアノに誘った。
1台を連弾でなく
2台のピアノで、それぞれ弾くのが、ダイナミックでいい!

音の重なり♪呼吸の合わせ方♪
セッションは、最高の瞬間を生み出していく!
演奏中、音楽のシャワーの中では、悲しみも苦しみもない。
ただ、愛する親子の響きが楽しく幸せなだけ♪
もう、聞いているだけで、涙出そう……

そして、エディの手が止まった…(死の暗示か…)
けれど、ピーターは、演奏を止めなかった。
そのまま、弾いて弾いて、弾き続けた………
エディの姿が消えて
一人で弾いていても、ピーターは、一人ではないと感じるのが
嬉しくて、泣けてくる……

長い間、空白の関係があったとしても
ピーターの心の中に、熱い血の中に
父の音楽は、流れているんだ…….
父の姿がなくても、あり続けているんだ……
ああ、それこそ、切っても切れない親子の愛情の絆なんだね……

▽▽▽
▼▼▼

ピアニスト:エディの物語のエンディングが
(フィクションとはいえ)
こんなに、心ニクイ演出だったのを、忘れていたなんて…(>_<)

『愛情物語』という邦題にも、納得☆(*^^)v



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR