fc2ブログ

映画『智恵子抄』☆丹波&岩下の愛のオーラに圧倒される

0611.png


作品について https://www.allcinema.net/cinema/142097
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。
(第40回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート)
(高村光太郎の詩集と佐藤春夫の小説を元に)

・智恵子: 岩下志麻☆
・光太郎: 丹波哲郎☆


芸術家:高村光太郎と妻:智恵子の物語。  

芸術家の光太郎は、知人から
智恵子を紹介された。
大学卒業後、絵を描いていた智恵子は
光太郎の1番弟子のようにもなり
二人は、関係を深めていったーー

▼~▼内容にふれて雑談です。
▼▼▼

智恵子抄の詩集からは、光太郎は
こんなにも妻:智恵子に心寄せていたんだーと
羨ましく思ったものです。(^^♪

“美を求める“光太郎が出逢った智恵子は
芸術肌で、同じ土俵にいた女性。
共通項がある、話が合うーというのは大事です。(^^)/

二人は、当時ではめずらしい関係のようで
智恵子が製作に没頭して炊事を忘れたら
光太郎がしていたらしい。
お茶の支度などもまめにする光太郎、ナイス!(^^)/

光太郎が、智恵さん智恵さんと呼ぶ姿には
愛情と敬意を感じ
丹波さんの、懐深く広いオーラが、とても素晴らしい!(^^)/

経済的に厳しいとき、智恵子は“やりくり“し
機織りにも精を出し、良き妻であろうとするのも、健気だ…

しかし、智恵子には、うちなる熱いものがあった。
岩下さんの色気が、からみつくような情念を
感じさせる………

愛と芸術と美で結ばれたベストカップルのような二人だが
展覧会の落選、実家の焼失、父の焼死……etc.
智恵子に不幸が重なっていった。

~中略~  智恵子の精神の病が進む…orz

「私、だめンなる!」
取り乱す智恵子を“抑える”光太郎なのだが
それは、大きな愛で包み込んで
受け止めているようで…

母親が誰かもわからなくなっても
智恵子は、光太郎だけは忘れず
光太郎と居るときは穏やかになるのが、いじらしい…
―――と思ったら
光太郎と一緒でも、暴れて器物損壊も!!(>_<)

光太郎がいないと、狂気の沙汰で探し回る智恵子にも
ひたむきすぎる愛の昇華を見るようで
胸が痛い………

そんな智恵子を心配しつつ、手がつけられない、光太郎…
しかし、それでも、愛をもって抱きしめる……
切なすぎる愛が、彼の涙となったよう……
(↑この丹波さんは、ステキすぎる!!!!!!)

▼▼▼

アカデミー賞でノミネート作品になったそうですが
演技力というより、人間性そのものの大きさ・深さなのか
丹波さん&岩下さんの存在感には
圧倒される……………

こんなに愛された智恵子が
ただただ、やっぱり羨ましい。(^^♪



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 毎度です。

こんにちは~☆

このキャスティングに惹かれて鑑賞しました!(^^)/
丹波さん、気になりますよね!

毎度です。

賞にノミネーションされた作品だというのに、私、まったく知りませんでした。
丹波さんは気になりますね。あの人の凄いところは、超大作から文芸まで押さえつつ、おバカ映画でもキリリと楽しそうにされていたところですね。
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
身内が入院して何かと......(>_<)

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR