fc2ブログ

映画『かけがえのない人』☆ク〇父に狂わされた“運命“に抗って

キャプチャ


作品について https://www.allcinema.net/cinema/353153
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

・原作: ニコラス・スパークス☆
・ドーソン; ジェームズ・マースデン
・アマンダ: ミシェル・モナハン
・タック: 
上2人を21年ぶりに引き合わせる

約20年ぶりに再会した、かつての恋人同士~~
というのが気になって鑑賞☆(^^)/

海の掘削場の事故で、奇跡的に助かったドーソンに
恩人:タックの訃報が届いた。
同じ頃、アマンダにも訃報が届き
二人は、タックの“散灰”のために集い
21年ぶりに顔を合わせたーー

ニコラス・スパークスの作品は、優しいタッチの中に
悲しみがしみ込んでくる感じで、好き☆(*^^)v
恋人たちは、なんで別れたんだろう……
そして、再会したわけは??

「運命」という語を、つい、思い浮かべたくなりますが(汗)
お気軽に思ってはダメなんだな、コレが……
ひとくちに、20年って長いから……


▼~▼内容にふれて雑談です。(ネタバレ!)
▼▼▼

1, ドーソンのク〇(or〇ズ)父( 一一)

悲劇の大元は、ドーソンの父がダメすぎだから…orz

高校の頃。
母と兄2人と、家でブラブラ遊んでいる父は
ドーソンが、“普通”に登校するのが許せない…
自分がクズだから、息子たちもクズにして
支配したいんだと思う。

ヤク取引の片棒を、担がせようと
ドーソンを殴って、言うことをきかせようとする……( 一一)

(子供の将来とか幸せとかを、優先しない親は
まあまあいますよね……滝汗。
親が有害すぎるときはもう、引きはがして
“施設”に助けてもらわないと!)

このクズ父は、ホントのイカレ野郎で(汗)
逆らうと、殺しそうな勢いで、加減のわかんんない奴なんです。

“施設”のような逃げ場はなく、ドーソンは
タック老人の小屋に逃げ込んだ。
クズ父が、タックの元に来た時
タックは、銃を構え、威嚇射撃して、追い払ってくれた。

子供を自分の駒にしか思っていないクズ父と
身を挺して、守ってくれた、他人のタック氏。
クズ父は、ア〇すぎて、自分の愚かさも
わかんないんだろうな……

こんな家族がいては、将来も暗いドーソンだが
アマンダという恋人ができ
タックと親子のように過ごし
従兄弟の結婚式も、祝ったーーのだが…

クズのアホ塗りのクズ父は、その結婚式の日に
クズ息子を引き連れて、タックを襲撃に来た!
タックは、痛い目に遭わされ
タックの亡き妻が手入れした花の庭も、メチャメチャに!(>_<)

ソレを知ったドーソンは、タックの銃を持ち出し
撃ち殺す勢いで、父と兄に対峙した。
父とドーソンが、もみ合いになり
ドーソンの銃が発砲したとき、悲劇が!(>_<)
ついてきた新郎:従兄弟が、撃たれて即死したのだ!
ああ、なんてこと……(T_T)
(従兄弟の嫁のお腹には、新しい命が……orz)

父と兄は、麻薬関係の罪で逮捕されたが
ドーソンは、殺人で受刑することに…orz
アマンダは、刑期を終えるまで待つつもりで
面会に行ったが、ドーソンはアマンダを“想い“
2回目以降、面会を拒否。二人の関係が終わった。
(コレ、弁護のやりようで、どうにかならなかったのか…
せめて執行猶予つけるとか……
物語だから、こんな“運命“にしたとは思うけれど…涙)


~中略~ 再会した、今のふたりの時間は甘酸っぱい…
20年前と今が交錯


2.タックの遺言(手紙)で再会

タックは、自分の死を、別れた恋人たちの
再会の場にしようと、弁護士に託していた。
運命という語をつかうなら
二人は、ドーソンのクズ父のせいで
不運にも、引き裂かれてしまった……
もう20年も経てば、違う生き方をしているとしても
逢わせてあげようとするなんて
なんて、気のきくイイ人なんでしょう……

アマンダは、なんと、大学在学中のデキ婚だったが
ゴルフ優先の夫とは、愛を育めないことを再認識。
(そもそも、なんでデキ婚?デキ心?
子供ができても、まずドーソンを想ったというのに…)
複雑な女ゴコロ?これも運命のせい???(>_<))

現在、“不足“があると
失った愛が、よけいに輝いて恋しくなるもの。
20年の月日を越えて、好きな人への想いは
鮮やかに蘇り、変わらぬ愛を確かめたが
このまま一緒にとはいかない現実。
アマンダは、離婚を決意した。


3.運命のめぐりあわせ

私が、愛し合う者たちに願う事は
もう離れずに、一緒にいられること☆

再会を機に、焼けボックイに火がついて
そのまま愛の炎を成就してくれたら
予定調和のフィクションとしては、最高だナ!(^^)/

夫と別れるとしても、息子は大切。
その子が、事故に遭ってしまったアマンダ。(>_<)
しかも、心臓移植が必要だと言われたのもつかのま
トントン拍子に、移植を受けられて、ひと安心。

だがしかし、ドーソンにとって、“運命“は
奇跡tして、命を救い
幸運として、想い人に再会させ
最後に、“不運“をつきつけた!(>_<)

従兄弟の息子が、悪い連中のパシリになっていたのを
“救出“したのだが、ソイツらに報復され
殺されてしまった…なんてこと……
ドーソンの運命って、なんなんだろー……orz

―――ん……もしかしたら???

アマンダの息子の手術の1年後
アマンダ母子は、心臓提供者の名を知った。
それが、ドーソン!(脳死だったと)

愛する人と一緒にいたい、ともに生きたいー
その望みが、こんな形で…….

けれど、本音を言えば
愛する人なら、どんなに小さい体の一部でもいいから
一緒にいたいーと思う反面
からだの一部じゃ、いやです……( 一一)
からだの一部が失われても、一緒にいたいけれど
一部(臓器)だけじゃ、いやです……

(じゃあ、からだの何%があればいいのかー
という、量の話ではありません…汗)

愛する人の存在を、息子の心音で感じるのは
愛の形としては、とても尊いのだろう……
物語も、美しく終わる感じだ……
けれど
エグ味のある悲しみは、ぬぐいきれないんです…


▼▼▼

ドーソン役の俳優さんは、
亡きポール・ウォーカーの代役だそうで
どことなく、雰囲気が似ています。
ポールのことも思うと、ラストの展開は
痛みが深くなりそうです……




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かけがえのない人

石油採掘基地の爆発事故で一命を取り留めた男ドーソンと、彼の元恋人である主婦アマンダの元に、それぞれ弁護士から連絡が入る。 知人のタックが死亡し、二人に遺言が残されたと言う。 …20年前の高校時代、裕福な家庭で育ったアマンダと、犯罪者の父や兄たちに暴力を振るわれて育ったドーソンは、すぐに恋に落ちたのだが…。 ラブストーリー。

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 毎度です。

こんにちは~☆

思ってたより複雑な展開でした。
引き裂かれてしまうのは、辛いです.....orz

毎度です。

コレまったく知りませんでした。
私の好みそうなので調べておきます。
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR