FC2ブログ

映画『 甘い生活』★甘さ1/2の雑感です ^^;

131736_1.jpg


1959年製作


作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/5294/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。



(ネタバレ前提です)

ゴシップ記者のマルチェロは、
本当は、小説家になりたかった…。

ちょっとソノ気になりかけたスター女優が、
トレビの泉に入って、はしゃいでいる。
(なんて、女だ!?)

愛情を押し付ける恋人は
浮気して帰ったら、自殺しかけていた。
(なんて、女だ……;一_一)

なりたい職業になれなくても(世の中甘くない!)
面白おかしく生活していける(甘い!)マルチェロの生活に
どこが甘いんだろう、と見ていると
不本意でも、テキトーでも、そこそこ生きている自分が
マルチェロの毎日に重なってみえてくるのが、
何となく、可笑しかったり、悲しかったりする……。

職場初訪問の若い営業マンは
新規契約をわが上司にお願いしたが、無理とわかると
「この契約が取れないと、僕は…。」
そう言って、目頭を押さえた。
泣き落し?これで契約取るの?甘くない?
ほどなくして、「ありがとうございます!」の声。
……甘いのは、上司か…一_一

“甘い生活“って、何?
“偽り”のこと……?

今ある家族の幸せは、明日には消えてしまうのか?
仕方なく就いた仕事をしている自分も
世をしのぶ、仮の姿なのか……?

見える偶像が、神なのか?
見えない聖母が、真理なのか?
はたして、神と石との区別もつかなくなった心に
奇跡や救いなど、あるのだろうか?

死んだ魚が、目に写していたこの世こそ
まさに偽りの幻だったのか……?

などと…
???いっぱいに、つぶやいてみたところで
答えは、見つけられない…

ざんざん、マルチェロの毎日をのぞき見てきたように
答えは、毎日を生き続けるほかないみたいで…。

それなのに、精一杯の叫びは、無残にも
潮騒に、かき消されてしまうのデス…><。
(もう僕には、何も、届かないよ…)

カンヌ映画祭グランプリ作品で
甘くない作品だとは聞いていましたが、
正直、どう観たらいいのかわからないまま
エンディングを、迎えてしまいました。
お手上げです………;一_一

すると

マルチェロの諦めや、私の戸惑いなど、お構いなしに
綺麗なお姉さんの、笑顔☆笑顔……

パンドラの箱の最後に残された様な笑顔に、込められた意図は、
よくわからないけれど、笑顔には、なんだか幸せを感じたのです☆

それは、毎日のドタバタのなかで、
最後にすがりつきたい、“甘い☆希望”なのかな。

それを信じればこそ、
私(たち)は、甘くもなく、実体もなく
願いが叶いそうもない明日を、もしかしたら☆と思いながら
生きていけそうな気もします。

今日という日を壊すように、ハチャメチャな夜を過ごしても
朝には、傷ひとつない、まっさらな1日が、また
始まるのだから…。

……………ってまとめては、甘いですか?(*^_^*)


PS:
トレビの泉に入って、はしゃいじゃうのが
1番、トレビア~ン♪なのかも☆




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR