FC2ブログ

映画『クヒオ大佐』で、思い出した人

結婚詐欺の男の実話、に基づいた作品でしたが、

“あなたの(君の)願っていることを言っているだけ”

子供のころに暗い過去を持つ、虚言癖の男は、そんな詭弁を言いました。


それが、虚言かどうかはわかりませんが、思い出したことがありました。
学生の頃のことです。

彼は、セレブな感じの人でした。
ずっとピアノを習っていて、プロになるつもりで、
ヨーロッパに、演奏旅行にも行ったことがあるけれど、
今は、学生として勉強したい。
本も、たくさんあるから、別にマンションを借りて、そこに置いてある。
(だから、今は、手元にないから、私に貸してほしいと言う)
車も、一台あるけれど(外車?)今は、必要ないから、友達に貸している。
(だから、私に、乗せて行ってほしいと言う)
私を食事に誘ってくれたのは、車で迎えに行かれたからかな~と、
あとになって思ったりしました。

????と矛盾を感じたこともありましたが、
わざわざ検証したくもなかったので(私が、そう願った?)
虚言かどうかはわかりませんが、
少なくとも、それが嘘であっても、困りはしませんでした。
セレブな感じの人、というイメージを壊したくない、と
願っていたのかもしれません。

虚言というと、思い出してしまう人ですが、
嘘だとは、やはり、思いたくないのです。
騙されたくないと思うのは、自分のためなのか、彼のためなのかは
よくわかりませんが……。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR