FC2ブログ

映画『サムサッカー』★親指は濡れている…


ネタばれでのお話です。

2005年の作品。
親指しゃぶり、というタイトルです。

17歳になっても、指しゃぶりが治らないジャスティンでしたが、
あるとき、“注意欠陥多動性障害”との診断で、投薬を受けてからは、
見違えるように、自分の能力を発揮していきました……。

指しゃぶり、という赤ちゃん行為が、少年の心に巣食っていた“何か”を
暗示させますが、それが、薬で良くなりました、という展開に、
正直、驚きました。
それは、それでいいです。

ただ、病気だと診断されなくても、人には、
指や爪を噛みたくなる心理的な要因は、ありますよね。
その点では、
薬で解決した少年の心の問題よりも、むしろ、
少年の母に、興味を感じました。

彼女には、憧れの映画スターがいて、スターゆかりの
商品の景品に応募することを、楽しみとしている。
夫がいるのに、と少年が呆れても、彼女は、それをやめたくはない。

そう。
憧れの映画スター(男優)が、彼女にとっての指しゃぶりだから。

そして、もっとわかりやすいことに、
その男優は、麻薬中毒者だとわかる。
麻薬は、彼にとっての指しゃぶりだと、わかる。

母親が台詞で言う。
「みな、何かに依存して生きている」のだと。

少年は、濡れてふやけた親指からは解放されて、
あらたな生き方を見つけることはできたけれど、
結局は、薬が親指の代わりになったにすぎないのかもしれない。

男優は、麻薬リハビリ施設で、そこで働く少年の母から、
麻薬に代わる“何か”を得る。

では、母親は……?

個々の登場人物もそうだが、自分も、周りのひとも、
みんな、何かに依存して、よりどころを捜しながら生きているみたいです。

だから、親指は、
いつも、濡れている様なものなのでしょう………。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR