FC2ブログ

映画『熱いトタン屋根の猫』★そのウソは、嘘ですか?

o0370050014471638509.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/5265/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

1958年上映の有名な舞台作品ですが、初めてみました。

台詞回しによるところが大ですが、
家族の愛憎劇が、とても面白かったです。

(以下はヤフーレビューの転記です。ネタバレです。)

アメリカ南部。
一代で蓄財した大地主である父の、65歳の誕生パーティに、
兄一家と弟夫婦(ブリックとマギー)が、やって来る。
やがて、父の余命短いことが、明るみになり
それぞれの”真実と嘘”が、動き出していく…。

テネシー・ウイリアムズのピューリツァー賞受賞作品です。
・ブリック=ポール・ニューマン
・マギー=エリザベス・テイラー
の美男美女で、見ましたが、
これほど、引き込まれる作品とは思いませんでした!
面白かった~☆☆☆

特に、美しいエリザベス・テーラーの
“もどかしい妻”という役どころが、とても印象的でした。

“真実と嘘”を問いかける作品は、たくさんありますが、
“真実と嘘”は、テネシーのテーマでもあるそうです。
テニスのラリーを見ているような、台詞の応酬に見えてくる
家族たちのたどってきた事実、隠してきた真実、言えなかった真相、
通してきた嘘、そして、
言ってよかったウソ…。

死期の近い父を前に、いわゆる相続劇ではなく、
主に、ブリックとマギー、父とブリックの関係から、
夫婦・親子という、家族の問題と収束を見せていました。


▼▼▼コアな話▼▼▼

1 熱いトタン屋根の猫とは?

それは、満たされず、イライラしているマギーのこと。
その理由は、夫の“親友”にありました。
彼らは、かつてフットボール選手として活躍していました。
友情以上に結ばれていた親友から、夫を取り戻すために、
マギーは、親友を誘惑しようとしたことがありました。
(関係すれば、夫は、親友を憎むと思ったから)
夫には、誘惑の真相が曖昧のまま、親友は自殺してしまい、
以来、夫は、酒びたりになり、
マギーを遠ざけるようになっていました。

実は、作者のテネシーは、ブリック(夫)の、
同性愛者としての描写が、
薄く演出されていることに、不満を持っていたらしいです。
(公開当時は、仕方がなかったみたいです)
確かに、それがもっと鮮明だと、父との関係が、
もっと因縁めいたものに、なったかもしれません。


2 父の愛への渇き

父「金で買えないものは、命だ。」
ブ「金で買えないものは、愛だ。」

ブリックは、父の愛に飢えていました。
彼が、同性愛に向いていったのは、父の愛の代償か、とも思えます。

父とブリックの“骨肉の描写”とも言える、
名言の数々のような台詞回しのなかに、
父の愛の主座を、ブリックが探っているようでした。

ブ「嘘がイヤなのは、自分自身がイヤだからだ。」
父「嘘がなんだ。真実とは、叶わぬ夢。
……中略……真実から、逃げるな。」
ブ「自分は、真実を知っているのか?」

父を父と見ていましたが、やがて、父は、ブリックに、
自分の父について語りはじめ、
父も、また、1人の息子であると感じさせます。

息子に立ち直ってほしい父は、問いかけます。
「死は怖くない。
お前に、生きる勇気があるか?」


▼▼▼▼▼▼


「危機は、家族の長所も短所も炙りだす」

家族の物語は、家族の数だけあり、
家族・夫婦・親子の問題も、その数だけあるのでしょう。

自分は、幸せなのか?
本当に、愛されているのか?
絶えず、その確認をしたいかもしれない。
子供なら、抱っこをせがみ、
妻なら、夫の帰宅時刻を知っておきたい。

焦燥の灼熱に、身を焦がしている猫は、ここにもいる。

心に、すき間を感じるのは、
満たされていないから?
心から、愛されていないから?
でも、それを確かめるのは、怖い。
だから、
思い込もうとする。
これが、幸せなのだと…。
真実は、どうであろうと。

現実という“真実”は、なかなか厳しいかもしれませんが、
物語は、最高☆のエンディングに向かいます。

「真実!真実!皆、そればかり言う。
嘘と同じに汚いのに!」(←名言☆かと)

そんなマギーが、最後につく“ウソ”が、いい☆
父は、それを嘘ではない、と信じ、
夫は、それを嘘にしてはいけない、と思います。
嘘にさせまい、とするのが、ポイント☆です。
(現実も、こう、うまくいけばイイのに…)

ラストに、ブリックがベッドに投げるクッションが、また
絶妙に、暗示的です☆★

オススメの逸品です!


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR