FC2ブログ

映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』★人捜しの答えは慈雨につつまれて…





作品について http://cinema.pia.co.jp/title/26244/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。


以下ヤフーレビューの転記です。


探偵となった元刑事のクラインは、
シタオの父から、シタオの捜索を依頼され、
ロスから、フィリピン、香港へと飛んだ…。

3大スターの競演というだけで、見に行きました^^;
一言でいえば、人捜しなのでしょうか。
もの凄い感動ではありませんが(失礼)、
思うところある作品でした。
以下に述べます。

① 映像☆                    

一見、何気なく無造作に見えるのに、
写真を撮るような構図で組まれたようなショットに
ハッとする。
斜に構えた車窓からの風景、バラまかれた写真…etc.
切り取られたような十字の形も、印象的だ。

② ラインの“同化”

殺人鬼の“苦痛と美”についてのノーガキはさておき、
その残虐性が、クラインと“同化”したという衝撃度はある。
さらに、クラインは、探偵の仕事の依頼人の妻にも、
“同化”を思わせることを述べている。
クラインが、誰かと、あるいは、誰でも“同化”しやすいキャラならば、
それは、無条件の“受容”でもあるのかもしれない。
そして、その“同化”を踏まえれば、
依頼人であるシタオの父と“同化”した彼が
シタオを見つけることに、意義がありそうだ。

③ ドンポの涙

冷酷な彼には、愛などないと思わせながら、
恋人には、執着というほどの愛を持っている。
(もし、単に、性的所有物にすぎなければ、アノあと、恋人も
殺したかもしれない)
愛も酷さも、人間の極端に深い感情であり、
相反しながらも、紙一重なのかもしれない。
彼の流した涙は、激しい感情を昇華させたようでもあり、
彼の罪を、洗い流す雨であったのかもしれない。

④ タオの痛みと救い

とても言いたいことなので、念のため…。(内容にふれ)

▼▼▼▼

彼は、他人の傷や痛みを癒しながら、身代りになる。
彼は、見返りを求めず、痛みを自らに刻み続ける。
しかし、人は、自分の痛みが癒えれば、それでいいのか?
見る限り、子供を助けてもらった母親なども、とりあえず、
シタオをそのままにしていく。
特別な人であるシタオに対して、何もできないからなのか?
金箔を撒いていったと思われる男は、
神は人の苦痛を背負うのが当然、と言うようなことまで言って、
シタオを見捨てる。
(彼は、人間なのに)

しかし、シタオは言った。
「あんたを赦す。愚かさゆえ…。」
それは、ドンポに向けた言葉だったが、
全てに向けられていたのではないか。

自分の痛みには敏感でも、他人の痛みには、
(為すすべがないとしても)
無関心あるいは無関係になってしまう、愚かな者すべてに…。

だから、クラインがシタオを見つけたとき、それは
「お父さん!」
と、父に救いを求めたシタオが、
救われたときであったのだと、強く思う。
(クラインが、シタオの父と同化する意義があるかと)

どんなに特別な人であっても、
どんなに気丈に見える人であっても、
神ではない人間には、癒し、救いの手を差し伸べてくれる人が、
絶対に、必要なのだと思う。
あの人は放っておいても大丈夫なんてことは、ない。
(でなければ、辛いですよ…)

シタオを見つけたことで、
父も、クラインも、自分たちの過去の償いの1つが
出来たのだとしたら、それも、また癒しなのだろう。

クラインは、シタオを見つけた、というよりも、
シタオに救いの手を差し伸べた、と感じられた結末は
良かったと思う。

▼▼▼▼

作品に降る雨が、いい。
雨は、ときに受難であり、慈雨でもある。
そして、汚れを落とし、洗い清める。
ドンポの涙も、また
ひとすじの雨のように…。

人捜しから始まった物語の答えが、
その人が見つかったかどうか、よりも
“救い”だった、というのが良かった。

3大スターの競演という話題性以上に、
見ごたえというか、噛みごたえのある作品だったと思う。


PS
あなたに降る雨も
めぐみの雨でありますように…☆


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

過去のトラウマに怯える元刑事の探偵クラインは、行方不明の青年シタオの捜索のためLAからフィリピン、香港へと飛ぶ。 知人の香港警察メンジーが目の敵にしているマフィアの重鎮ス・ドンポの愛人リリは、拉致され気を失っているところをシタオに助けられる。 シタオは他人の痛みを引き受けるという不思議な力を持っていた…。 サスペンス。 PG-12

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR