FC2ブログ

映画『ウォッチメン』★ロールシャッハが染みのように心に残る

150226_1.jpg


作品について http://cinema.pia.co.jp/title/24880/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。


(ヤフーレビューの転記・修正です)


ケネディ暗殺・ベトナム戦争・キューバ危機…etc.
(アンディ・ウオーホルも!?)
世界的事件の陰にいた“ウォッチメン”の一人が殺された。
これは、ヒーロー狩りなのか、それとも……??

犯人さがしのサスペンスと思っていたら、どんどん広がって
スゴイものを見つけてしまった、という感じです(;一_一)
(ほとんど予備知識なしに観ましたが、ついていけました。)

ヒーローと言いましたが、
いわゆるかっこいいヒーローものではないようです。
むしろ、ヒーローと言うべきではないかもしれません。
暴力や欲望…etc.人間の醜い部分や
人には知られたくない暗の部分が、
画面に、ベタつくような印象を与えていました。


▼~▼内容にふれます。
▼▼▼

1. “見せる”映像

映画「300」でも見た、独特の映像もインパクトありますが、
“見せる”ことを意識したシーンを、所々に感じました。
例えば、ロールシャッハ(ウォッチメンの1人)が
“特別の用”を足しに入ったトイレのドアが
パタパタと開閉するシーンには、目が釘づけです。


2. 配役・特にロールシャッハ★

ウォッチメンそれぞれに、いわくがあるのも
作品に深みを持たせていますが、
(ゴチャゴチャせず、見ていればわかりますョ)
特に、ロールシャッハ★良かったです。

ロールシャッハと言えば

黒いしみ状の模様が何に見えるかを問う、心理テストがありますが
彼のマスクは、その模様が様々に変化します。

それが、映像的に面白いだけでなく、
彼の内面の心模様になっている様にも、見えました。
小柄で、魂に食い込んでくる様な声の彼は、
ポーズをきめるヒーローではありませんが、スゴク魅力的でした☆

心にも体にも傷を負えばこそ
痛みを感じる人間とは、本来何なのか
どうあるものなのかを、見たような気がします。
この世の善と悪、真と偽、美と醜、そして知と無知…
彼のラストのセリフには、つきつけるものがあります。


3. 音楽

たとえば
陰惨なシーンなのに、敢えてポップなメロディを重ねるのは
実は
この作品のすべてかもしれない、“悪い冗談”みたいです……^^;
でも、合っています。作品のノリに。
(NENAの「ロックバルーンは99」など懐かしいですョ。)

▼▼▼

確かに、世界には、大きな力が働いて動かされている、
と言われます。
戦争と平和も紙一重で、仕組まれた戦争があって、
錯覚のような平和が、あるのかもしれません。

未来はあるのか、あっても霞んで見えなくて
“忌まわしい過去すら美しく見える”のなら
哀しくもなります……

誰かが、犠牲になることもなく、
暴力に、ねじ伏せられることもなく、
“皆が手を取り合って”、生きることができるのは
きれいな絵空事なのかもしれません……

それでも、
この地球に生れたことが、数億分の1の、
素晴らしい“奇跡”であるなら
少しでも、平和な世界であって欲しいと思うのも、人情でしょう。

ウォッチメンひとりひとりが、それぞれしたこと、
あるいは、しようとしたことを、
どう思われるでしょうか。
そして、自分なら、どうするでしょうか。
あるいは、どうやっていこうと思うでしょうか……

観た後の余韻は、ロールシャッハの姿とともに
飛びきり苦いコーヒーの苦みが、のどの奥に
いつまでも残っている様な感じでした。

映像の面白さもですが、
サスペンス・ストーリーの中に
内面(心理)も含めた人間について、架空でない生々しさで
見せてくれました。

劇中の誰を語るか
何を観点とするかで
色々な見方もできるような
思うところ多い、面白さでした☆

PS:ロールシャッハの模様が、何に見えますか?
   あなたなら、何を見つけますか?


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウォッチメン

1985年、ニューヨーク。 高層マンションから一人の男が突き落されて殺された。 彼は昔、歴史的事件に関わってきた“ウォッチメン”と呼ばれる正義のヒーローの一人だった。 不審に思った元ウォッチメンのロールシャッハは、かつてのメンバーたちを訪ねるが、次々にヒーローたちが狙われてゆく。 誰が何を仕組んでいるのか? ヒーロー・アクション・ミステリー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR