映画『男と女』★映画みたいな恋、という恋かも


映画レビューしました(ネタバレです)
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id3699/rid24/p0/s0/c0/


“あのときの私みたいに……”
レビューでは、途中まで書いてやめた事柄があります。
(長くなるので)
それは、彼女が、列車に乗っているシーンのことです。


どんな形であれ、大切に思う人と別れたあと、ひとりで列車に乗るのは、
切ないものがあります。
幸せであるなら、離れている時間が寂しくて、恋しく思うし、
本当にお別れなら、悲しくて哀しくてたまらない時間になるでしょう。
窓に映った自分の姿を目にしても、
自分の存在が、情けなくて頼りなくて、涙が出てきてしまいます…


私が、抜け殻みたいな自分の姿を、窓に見たとき、
首にかけていたネックレスが、同時に目に入りました。
それは、大切な人から贈られたもので
思わず、ネックレスを握り締めました。
涙があふれました………。


一緒にいられた時間を、もちろん、粗末にしたわけではありません。
けれど、どんなに大切に、貴重に過ごそうと思っても、
時間は、過ぎていってしまうのです。
列車は、ただ無情に、走っていくだけでした。
そのときの私に、残されたのは、思い出になった時間とネックレスでした。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア