映画『パコと魔法の絵本』★命の意味  


映画レビューしました。(結末は、言っていません)  
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id329294/rid92/p0/s0/c0/

以下は、結末に関しての感想ですので、ご了承ください。 


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


交通事故に遭ったあと、命拾いしたパコが、病院で
大貫やほかの患者さんたちと過ごしたあと、
再び、交通事故に遭ったときの映像が流れます。
パコは、ほんの少し、命を永らえただけみたいに思えますが、
病院関係のテレビ番組『コードブルー』のセリフが、重なりました。

治療しても、いつか必ず死ぬ人の命を、ほんの少し永らえるだけかもしれない。
しかし、そのわずかに伸びた命に、人は生きる意味を見出せるかもしれない、

という内容のことでした。
パコが、両親とともに、水底に沈んでいく映像は、虚しいものでしたが、
ほんの少し永らえた命の中で、パコは、
大貫という人を、変えました。
ほんのわずかに伸びた命かもしれませんが、命の意味は、重く尊いのだと
感じたシーンでした。
                   


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
 
 
舞台劇とCGの融合という作品☆
面白かったですよ♪


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア