映画『ランジェ公爵夫人』★運命の中で




映画レビューしました。
ラストの詳細は、述べていません。
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id329500/rid11/p0/s0/c0/


作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/20867/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。

以下は、ネタばれになると思いますが、
レビュー中、一言では言えないといったことです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





夫人は、将軍の前から姿を消し、修道院に入りますが、
やがて、将軍は、彼女を探し当てます。
そして、彼女をさらおうと、修道院内に侵入したとき、彼女は、すでに
この世の人ではありませんでした。


死は、彼女にとって、何を意味したのでしょうか?


彼への想いを、自分のなかにとどめておくものになったのでしょうか?
それとも、
彼への想いと、彼からの想いから、解放されるものだったのでしょうか?
あるいは、
これ以上の進展を望まないための終止符を、打つものだったのでしょうか……?





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



あのとき、彼を誘った夫人は、その後の行方について、
どう感じていたでしょう。
今のちょっとしたきっかけが、その後の運命を変えていく……。
それは、よくありそうなことに
思えます。


その運命の中で、人は、生きているのかもしれません。
運命のなかで、誰かを愛しているのかもしれません。


*レビュー中、誤字、失礼しました。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

marrさん、こんにちは☆

ギヨームは、味のある魅力的な俳優さんでした。
年齢は、まだ若かったのに、本当に残念です。
もっともっと観たかったです......

いつもありがとうございます☆

No title

ギョーム・ドパルデューが出てるんですね。
才能豊かな俳優だったんで残念です。
運命とは時として非情ですね♪
プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア