FC2ブログ

映画『インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国』 ★まだ引退しないゾと

http://img4.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/d2/9f/yutake2415/folder/240693/img_240693_22280318_0?1218636619',111,155)">


♪タ~タタッタ~ タ~タタ~

テーマ曲を聴いただけで、楽しかった記憶が蘇ってワクワクします。
インディは、ハリソン・フォードのキャラクターも生きて、
学者の探検が背景にある、冒険モノの王道といえるシリーズで、
広い年代で、安心して楽しめる作品の1つだと思います。


前回から約20年後という1950年代という設定のため、旧ソ連軍の幹部として、
存在感あるケイト・ブランシェットが敵方にいて、花を添えています。


この作品の醍醐味ともいえる
コースタームービーのスピード感と、
有り終えない!?グッドタイミングのテンポの良さは健在です。
展開も、立ち止まらずに、一気に進んでくれます。


かといって、やはり今まであってのインディということで、
第一作に出ていた昔の恋人マリオンを、呼び戻し、
立ち止まるシーンもあります。
昔の恋人が出てくるときは、懐かしくて、ほろ苦くも甘酸っぱい、
青春の思い出、で終わるときもありますが
ひと時の過ちでは終わっていなかった現実といいますか、
思い出だけで終わっていなかった、という”結果”を持って登場することがあります。
今回は、そうでした。

以下、ネタバレありで、話します。




▼▼▼▼▼


インディに息子がいたことは、インディの年輪を感じさせながら
次につながる可能性を、残せます。
息子が、インディの帽子を拾って、かぶろうとしたときに
ああ、次回は、息子のシリーズになるのかな、
と思ってしまいましたが、フェイントでしたね(笑)。


そう簡単に、引退はしないゾと言うように、
インディは、その帽子を息子から取り返して、退場しました。
内心、ほっとしました。
次回作もありそうなので、インディ=ハリソンには、
不死身で、がんばってもらいたいです。



▼▼▼▼▼



ラストは賛否両論ある、とのことですが、
ケイトのその後のことでしょうか?
当時の米ソ関係を考えると、敵への扱いは、
血生臭くならざる得ないかもしれません。
娯楽作品の王道として、
悪役の退場の仕方は、
あれでいいのかも知れません(笑)。
むしろ、うまい方法を考えたな、と思いました。


楽しみにしていて、面白かったですが、
「魔宮の伝説」の感動が大きかったせいか、
それ以上ではありませんでした。(ゴメンなさいネ)
でも、
初めてインディを見る方には、かなり楽しめると思います。
そして、他のシリーズも、ご覧になると
もっと楽しめると思います☆



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yutake☆イヴ

Author:yutake☆イヴ
こんにちは☆
使い方がよくわかりませんがヨロシクお願いします。^^;

フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
フリーエリア
フリーエリア おすすめ映画
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR